読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが身ひとつはもとの身にして

げんばのきろくとおもったこと

せかいでいちばんきれいなばしょ ~Japonism in Tokyo 1227~

久しぶりにこんなに綺麗なものを見ました。最近ドームコンサートよりぐっと規模の小さい劇場公演ばっかり見に行ってたので、やっぱり迫力に圧倒されました。どっちがいいとかいうわけではなく、劇場には劇場の良さがあってドームにはドームの良さがあるんですが。

ちょっとこんなどうでもいいことだらだら言ってないで早く感想を書かなきゃ…今回は本当に本当に純粋に楽しんできたので記憶が薄れていくのがはやいんです…

 

■0.オープニング

「今をどう生きる?」という強く深い質問にイラストと嵐さんの声がよく合う。キャーキャー言うオープニングではなくてしんみりずっしりしたオープニングでした。ちなみにここで私は人生で初めてジャニーさんを見ました。席の真下を歩いてました。

■1.sakura

アルバムを初めて聞いた時の感想と全く同じ。

◾︎1.sakura この曲が一曲目と聞いた時、ああJaponismだな、と思うと同時に すごい覚悟決めてきたな、と思った。この曲って主題歌にはなっていてもメンバー出てないし、なによりメイキングが酷評すぎてあんまりいいイメージないから。個人的にはいい歌なのにもったいないな…と思ってたからここで持ち上げられて嬉しい。

Japonism \感想/ - わが身ひとつはもとの身にして

 Japonism一曲目には本当にちょうどいい曲だと思うの。ここでやっと持ち上げられて本当に嬉しい。

曲終わりの嵐からの一言、新しくてこのコンサートらしいな~~と。口上みたいな挨拶が素敵すぎて!!和!!!それすきなやつ!!!!

■2.miyabi-night

sakuraからの流れが超気持ちいい。2曲目もぴったり、さすが嵐、さすが潤くんだなあと思った。やっぱりどんなセトリにすればファンがぐっとくるのかわかってるんだよなあ、すごいなあ…で、バックの演出がすき!!!赤い布もって踊るやつここだよね…?なんかこのメンツが今回バックついてくれてよかったなっておもった。

■3.ワイルドアットハート

久しぶりに聞いたなあ…!楽しいな~~踊れる曲たのしいな~~♡

■4.Troublemaker

ここらへんで席とステージの距離感に焦りはじめるわたし。やべくね…?顔余裕で見られるんだけど?綺麗な顔しとるなあ…今まで生きてきて一番近い距離でハートビート見たわ

■5.青空の下、キミのとなり

嵐さんがあまりに近すぎる上に高すぎてちょくちょくもっと近くにいるJr.を見るわたし。ほう!これが○○くんでこれが○○くん…!とか思ってた。宮近くんよく見えた。個人的な話、仲田拡輝くんが好きです。はけるために走ってる時まで踊ってて、ずにあぁ…ってなった(表現力)。そういえば真下からはけたからかなり近かったな

 

■挨拶

何年ぶりに聞くんだか。ちょっと変わったよね~~現場に恵まれないわたしだけれど頑張ってついていったよお

 

■6.Make a wish

申し訳ないのですが通常版の歌をそこまで聞きこんで居らず、今日聞いて一耳惚れしました。こんないい歌通常版だけとか何してくれてるのJstorm…

■7.MUSIC(二宮ソロ)

はあああざといねえにのちゃんかわいいねえにのちゃん。あんた今年何歳よ?ずるいわほんとに…ステッキ(?)しょって体うしろに傾けてウインクする姿 is 確信犯

■8.Don't you love me?(松本ソロ)

はあああああああかっこいいいいいいいいなにこれわたしがすきなやつドストライク…アクロバットというかああいうガシガシ動くやつ好きすぎて危うく潤くんにガチ惚れするところだった危ない

■9.イン・ザ・ルーム

ファーーー最高かてどうした神セトリ!!鏡に向かってたりソファにもたれてたりそういうのもドストライクだからあ…(ここで、今この記事を書いている自分が疲れ始める。そしておなかがすいてくる ※どうでもいい)

■10.マスカレード

アルバムでもインザルームからマスカレードの流れが好きで、インザルーム後にこれはマスカレードきてほしい…!とか思ってたら一回間奏入ってはいマスカレードきましたー。まさかのスタンドマイク!クラブっぽいかんじ!!どうでもいいけどわたしこの歌めっちゃ好きで演出超楽しみにしててたんだけど割と予想外の演出にさらに惚れました…それこそめっちゃ踊ると思ってたからさ…2番サビの嵐が下手Jr.が上手で踊るとこがめっちゃかっこよかったなあ…激しめのダンスではなかったけど歌に超合ってて、あ~マスカレードってこういう歌だったんだと納得させられました。最後の水吹く演出でノックアウト。

■11.Happiness

とつぜんの!はぴねす!たのしいかよ!にしてもいきなりぶっこんできたな…マスカレードとのギャップよ

■12.ハダシの未来

トロッコ近すぎて踊るに踊れないっていう(笑)なんかもう興奮しすぎて自分が何やってるんだかわからなくなり、ファンサしつつパッと踊りだせる嵐ってやっぱりすごいんだなあとか意味わからないところで感動してた(笑)ラスト2人2人1人で手あげるところとかわたしにのちゃんで最後だったからよかったわ、多分ほかの4人だったら上げ忘れてるわ(笑)そういうにのちゃん上げてなかったけどね!?!?!?!?みてたよ!?!?

■13.GUTS!

むりたのしいww踊るの超楽しいwwここでちょっとストラップなしのペンラの危険性に気付く

■14.愛を叫べ

ずっと振付を覚えるべきなのか別に覚えなくてもいいのか迷ってて結局みんな踊ってたので急遽踊りました。覚えてないかと思ってたら意外と体動いたわ…順番に指さすところハダシ的楽しさがある

■MC

M「すげぇ…すげぇぞ今日の空気」\わー♡/ S「いやぁもうラストとは思えない空気ですね」「「え???」」←主ににのちゃんの声 S「やっぱり最後ってなるとお客さんの気合いも違うの?」\いえーーー!!!/ N「でも見に来るの初めてなんでしょ?」M「俺らはやりきった感すごいけど…別にやりきってないでしょ??ww」\wwww/ S「あ、そうじゃなくて気持ちはずっと一緒に回ってたよってこと?(笑)」\いえーー!/ M「いや、でも回ってないでしょ??www」\wwww/ S「ソロ終えた二人はどうですか?」N「いやもうあれが最後だからね。もうやらないから」M「俺パルクール17回やって今ここにいるんすよ(すごい><)…だから…頑張れよ…!!(あいばくんにエール)」A「おう頑張るよ…!」N「もうソロどんな気持ちで見りゃいいんだよwww」O「でもあんなに(パルクール)やってるんだからバク転もできるよね?」M「いやでも俺が仮に出来たとしたら(ステージ上でS-MNOAに割れる)」S「いやもし仮に松潤ができたとしたら俺はこう(両手を広げ足を閉じ天を仰ぐ)」M「いやそれなんですよ。翔さんがやるって言うなら…」S「やるのか?やらないのか?…やらない。いやJr.のときにV6さんのTake me higherあったじゃない?みんなそれで覚えたんだと思うんだけど」A「え、なんか一回できたんじゃなかったっけ?」S「いやできたっていうかあれは打ちのめされたカエル…」A?「畳かなんかのうえでやったよね?」S「いや、やった。やったけど、できたかできてないかで言うと、できてない。でも、やったかやらなかったかで言ったら、やった。」智くん振付の話 S「今回は大野さんがマスカレードの振付を…あれなんでしょ?先輩方の振付を取り入れてたり」O「ぁ~~…(超微妙な反応)入れてるっちゃ入れて…(超微妙)」S「最後の水吹く振付とかはどういった意味で?」O「いやかっこいいかなって」S「あのシーン確かに会場がにおぉ…ってどよめきが起きたんですけど、みなさんあれはかっこいい…!っていう意味のどよめきなのか、えww吹くの!?wwっていうどよめきなのか(笑)」A「聞いてみる?(笑)」S「拍手でお願いします!水を吹く演出、かっこいい…!って思ったひと!」\わりと大きめの拍手/ S「えww吹くの!?wwって思ったひと!」\さっきの半分くらいはある拍手/ 嵐「「いるのかww」」O(あぅ…みたいな顔) A「え、汚えwwって思った人~!」\ぱらぱらいるww/ 嵐「「いるねwwww」」S「いやでもあいばさんはこの演出で水を口に入れて飲み干すっていうね」A「ちょww言わないでww」O「そう!この人僕の考えた演出を台無しに」A「喉乾いちゃってww」

着替えにのあいとお山。にのちゃんひたすら番宣。すごいわこの人…N「見てない方、これから見るよって方よろしくお願いします」A「まだ見てない方にあらすじを」N「いやこの中にはもう見てくださった方もいるので…」A「あ、じゃあにのみやくんがあらすじを話している間にもう見た方は僕がにのみやくんのモノマネをしているので似てるかどうか見ててください」あいばくんのモノマネ A「………へぇ!まちこがねぇ!…映画『まちこがね』 N「はーはーとーくーらーせーば!!!まちこがねじゃないから!!」にのちゃんが暗殺教室の番宣をすると A「じゃあ暗殺教室のモノマネも頑張らなきゃな…」N「いやあいばさんがモノマネやるために僕映画出てるんじゃないんで」にのちゃんが先に着替えではけようとする A「ちょっとまってよ!にのが先行っちゃったら…俺…どうなるとおもう?」N「えっ…?この期に及んで質問ですか?」A「どうなるとおもう?」N「…こまるとおもう。」翔くんたち戻ってくる S「あ、じゃあどうぞ着替えいってください…w」A「こっ…こまる、この17公演やってきて俺困ったことがあって。みんなうちわ見て大体ピースとかバーンとかするじゃん。俺そういううちわに答えられなかったことが2回あって。ちょっとそれ見たかどうかだけ聞いていい?」NOS「…どうぞ??w」A「1個が、すごい大きめのうちわに『血管見せて』って書いてあるの。俺どうしたらいいかわかんなくてw」N「それはもうこうやるんですよ!(智くんにやらせようとする)」智くん腕まくってめっちゃ渋い顔でぺちぺち叩いて血管出そうとする A「…それそんな短い時間でできるかなあ!?ww で、もう1個が、『相葉勝久』って書いてあるの。もう俺じゃないからww父ちゃんのうちわww」N「それはもう伝えてあげなきゃ」A「あ、父ちゃんに?父ちゃんのファンいたよって?」N「うん、もうそれはあなたのファンではないから」A「あ、じゃあ言っておきまーす」にのあいはける S「さあ僕らの番になりましたが僕らには告知するものがなにもありません!」\www/ S「なので自由な時間を過ごさせてもらいまーす」見学のお話 S「いろんな方に来ていただいて…V6さんだったりHey!Say!JUMPだったり…」ざわつく客席 S「NEWSの増田なんて2,3回来てたよね!?ww初日に『今日行かせていただきます!』ってきてありがとうって言って終わった後に『すごかったです!』みたいに感想もくれて次の日『櫻井くん今日も行かせていただきます!』ってまた!?みたいなwwで、終わった後に『勉強になりました!』って勉強しすぎじゃね!?ってww」 今年は集まることがおおかったね~みたいな話(ここらへん記憶薄い。私なに考えてたんだろう) S「ワクワクはJUMPとやって、24時間TVはV6さんとJUMPで、V6さんは20周年のライブにも行かせていただいて」M「嵐5人がプライベートで集まるっていうのも珍しくない?俺リーダーくるって聞いて緊張しちゃって2回確認したもん。『来るの?』って」O「そしたらこの人なんて言ったと思う?『ウケるwwwww』って。全然緊張してねぇ」M「いや緊張の先に出てきたものが『ウケるwwwww』だったんですよww」O「『ウケるwwwww』」S「まあ(笑)ほかにもいろんな人来たね。斗真とか、風間とか、はせじゅんとか…」N「あと辞めたJr.とかね」 Jr.のお話 M「今回はバックのJr.に加えて東京スペシャルっていう小さい子たちも一緒に踊ってくれているので」S「小さい子たち見てると思い出すよね~」M「俺虫みたいって言われてた」S「それ言ったの多分俺」\wwww/ S「いや俺たぶん松潤に初めて会ったのが青山劇場の地下で。すっごい細くて目がくりぃってしてて」潤、目を見開いてくりぃってする(かわいい) S「いや、虫ならまだいいよ。俺米って言われてたから。もう生命体じゃないから」N「いやでも俺そういう意味で言えば事務所入って一番最初に怒られた先輩翔くんっすよ」S「(苦笑)」N「青山劇場で俺の横で同期のやつが吉野家食ってたんすよ。で、それを放置したままどっかに言って。そしたら翔くんが『お前の同期が吉野家片づけてないんだけど!?!?』って」S「ごめん(笑)散らかってるのが嫌だったの(笑)ニノは悪くない(笑)」

 

■15.日本よいとこ摩訶不思議

もう感動。バックのJr.がイントロでくるくる飛んだり跳ねたりおんぶしたりしながら出てきて、しかもローラースケートて…ここはジャニワか。あ~たのしそう!よかった!って思ってたらJr.マンションに気付きました。わたし、初Jr.マンション。マンションていうか旅館だよねあれ。とか思ってたらなんかセンステ後ろ側の真ん中のドア開いて誰か出てきたの。モニター見たらヒガシさんーーーーーーーーーーーー!!!!!えええええ!!!!!!!これはいつの映像!?!?!?え!?!?今!?!?!?!?リアルタイム!?!?!?!?!?!?ほんもの!?!?!?わたし本物のヒガシさん見てるの!?!?!?!?かっこいいかよ!!!!え!?!?びっくりしすぎてもはや叫びながらけたけた笑ってたわたし。Jr.の反応とか見ておけばよかったな(笑)感動しすぎて嵐すら見てなかったわ(笑)

曲後MC、S「ご紹介します、少年隊の東山紀之さんです!」すごい歓声 東山さん「衣装まで用意して」M「なんでこうなったのかと言うと~…、僕らMステ出た日に~…、東山さんから今日来てくださるという連絡があり~…、その流れで~…、僕らが少年隊さんの日本よいとこ摩訶不思議をカバーしているということになり~…、」東山さん「でないと承知しないぞって」M「違います違いますww」S「いやでもすごいのね。今日リハも参加してくださって」\えーー!!/ S「僕らもちょっと確認してから踊るんだけど、東山さんなんの確認もなしに踊りだすのね。」東山さん「いやいや僕だってYouTube見て確認してきましたよ」\wwww/ S?「自分の姿を見て(笑)」東山さん「そう(笑)2人元気にしてるかなあとか思って(笑)でもねえ、今年一番の思い出になりました!!」嵐「「ちょっ!!(笑)そんな!!!(笑)」」東山さん「自分の映像を見て踊るっていう(笑)」S「いや本日は本当にありがとうございました!改めてご紹介します、少年隊の東山紀之さんでしたー!!」東山さんはける S「いや、びっくりでしょ????びっくりしすぎて状況つかめてない空気がww」N「俺らもリハやったけどそれでもびっくりしたもん。」

*1

 

■16.君への想い

いや、まさか。これも初めて聞いた時の印象と全く同じだった。

◾︎3.君への想い ごめんほんと突然申し訳ないんだけど、これ康二くんデビューしたら歌おう?恐ろしくかねこじなんだけど。一曲通してかねこじしか出てこない

Japonism \感想/ - わが身ひとつはもとの身にして

歌いながら、嵐さんが生まれてから今までの写真がモニターに流れていくのね。で、入所のタイミングとか、嵐結成のタイミングがかなりキーポイントになってて。今と昔じゃJr.の状況は違うだろうけど、でもやっぱりJr.を辞めてほかの道を歩むことにしたひとたちだっていたわけじゃん。にのみやくんが今回そういうことを頻繁に口にしている気がして、そういうのも相まってなんかいろいろ重ねてしまったなあ。うまく言葉にできないんだけど。こうやって夢を形にした嵐と、今他の場所で違うことに取り組む誰かと。こうしてステージに立つ未来を目指して力を尽くすJr.と、違う道を選んで努力している誰かと。”ずっと君は僕の夢を願い続けてくれたから””音もなくこぼれてく未来 掴むこともできなくて””また共に描けるなら互いが互いを照らせるだろう””確かめ合い繋いだ二人の手話さない 強く誓い歩いて話し続けた””坂道の途中を今でも上って この気持ち変わることはない”やっぱり想うことはたくさんあった。この歌を聴いているあいだ、ずっと頭の中をぐるぐるしてた。嵐が嵐でいてくれてよかったなあっていうのと、どんな形であれ大切な人たちには夢を叶えてほしいなって。

 

■17.Rolling days(櫻井ソロ)

ドラムすごい!!成功してたよ~~♡まさかドラムでくると思わなかった…Jr.のみんなもよくやるなあ…アクロバットもこなしてこんなこともやって…素直に感動

■18.Mr.FUNK(相葉ソロ)

気球乗って出てきてモニターの映像見たらディスコスターいるんだもん「おまえww」ってなったよね。あいばくんとJr.の先頭の子がツートップで踊ってて超かっこよかった。そしてここでヒガシさん退場。席の真下が出口だったのでキャー♡って周りみんなでて振ってたらさらっと優しく手を振り返してくださった…!王子様…!さらっと心まで奪っていった…!か、かっこいい…!で、パッとあいばくんに視線戻したらすでにはだけてた。ごめん。かっこいいよあいばくんも。で、そのまま着替えて、何するんこのひとwwとか思いながらMr.FUNKコールしてたらJr.の子と一緒に手に滑り止めとか吹きかけてるもんだから「あ、これはやばいやつだ」と。もうガキはひやひやしてたよ見ながら。成功してよかった…あいばくん生きててよかった( ノД`)

■19.FUNKY

念願のFUNKYダンス♡(昼に確認したやつ)だがしかし興奮のあまり手汗でペンラ飛んでいくんじゃないかと心配だったよ。よかった。

■20.Bolero!

これ絶対たのしいやつ~~!!えっおーー!えっおーー!ペンラぐるぐるするのちょうたのしい!でもやっぱりふっとびそう!こわい!高速ステップ踏むときディスコスター様出てきたわ。あれ?あいばくんデジで時計とまってるかな?

■21.暁(大野ソロ)

これ、密かにいちばん期待してた歌なのかも。って打ってからアルバム感想のブログ見に行ったら同じこと書いててわろた

◾︎9.暁(Vocal:Satoshi Ohno) これ一番期待してたかもしれない。そして期待越えてきました。さすが智。”心にもあらでうき世にながらへば恋しかるべき夜半の月かな”心にもないが、もしこの辛い浮世を長生きしてしまったとしたら、この宮中で見た美しい月のことを恋しく思うことだろうなあ。三条院が追い立てられ辞職する時に詠んだものらしい。智よ、君はどの時代を彷徨っている。ただ、好きです、こういう歌。だって智くんの綺麗な声は十分聞いたし、美しいダンスも十分見たし、ここでこれぶち込んできたのはまじ天才っす先輩

Japonism \感想/ - わが身ひとつはもとの身にして

 いやまた期待超えてきたよね(笑)まず歌いだすまでの演出がもう感動。意味わかんない感動。もう歌詞も素敵だし演出も素敵だしまじ天才っす先輩

■22.Japonesque

きみ!とな!らー!好きすぎるこの歌!(さっきからこんなことばっかり言ってる気が)衣装ががっつり和で超素敵。和傘とか、桜吹雪とか、もう日本!!I love Japan!!むり!!すき!!!華やかな日本!都!!素敵!!

◾︎16.Japonesque サビ前の盛り上がり気持ちいい〜〜…サビの上がり下がりもすごくすき。色鮮やかですごくかっこいい着物の衣装着て歌ってほしい。

Japonism \感想/ - わが身ひとつはもとの身にして

 念願叶っててわろた

■23.心の空

日本メドレーみたいな。すごい夢のように考えていたものがどんどん現実になっていって大興奮。要するに和が好きなわたし

■24.SUNRISE日本

ジャニーさん帰っていった。ひたすら長生きしてください…って祈ってた。懐かしい歌だな~、ちゃんとC&Rできて安心したわ

■25.Oh Yeah!

やーんたのしい( ノД`)と同時にやっぱり切なくなるこの歌。Bメロの歌詞といい”もう一度あの日に戻るとしても同じ道選ぶだろう”って歌詞といい何度聞いても泣ける。そして大宮のハイライトがこちら。光剛山(もちちゃんありがとうすっきりした)上がってからさとしくんがもうあまりに一人の子に超ファンサするのね。うわ超うらやましい、いいなあ…と思ってたんだけどその子が気付いてくれないのかなっかなかやめないの。いい加減諦めなよ…(笑)と思ってさとしくんの視線の先見たらにのちゃんが”あ、わたし?”みたいな顔して自分のこと指さしてるの。さとしくん見たらうんうんってやってるし。なんなん。なんなん。

■26.Believe

近い近い(笑)バクステまで来ると驚異の近さなんですね。(笑)サビ前で翔くんが超力強く歌うもんだからこれは踊る!!!って思ったけどぜんぜん踊らなかった。これいつからファンサ曲になってしまったんだろう。ラストちょいと踊ったけど。総括、近い。

 

■挨拶

(ほぼニュアンス)

S 一曲一曲これが最後で、ソロが終わった時に裏に戻ったらドラムの先生方5,6人がみんな目を真っ赤にしていらっしゃったと。そして原点回帰というテーマについて。「原点回帰ということで、なんだか立ち止まることのように思えるかもしれませんが、僕は決してそれが前に進むのを辞めたということではないと思います。前に進むということは、時に立ち止まったり、振り返ったりすることだと思うから。」

O ソロの演出はJr.時代に2年ほど京都で積んだ経験をもとにしたと。「懐かしいと思うと同時に、やってきてよかったなあと。でも僕が最初ではないんです。あれを最初にやったのは東山さんです。で、東山さんから僕に受け継がれて…それもなんか違うな(笑)、東山さんから、いろんな先輩方に受け継がれて、僕がやるっていう…まあそうやって受け継いでいくことができるのはいいことだなあと。」年末年始の宣伝「飽きるまで…飽きても。チャンネルは、そのままで♡」

A Mr.FUNKの話をすると客席からものすごい歓声が!「今日も上から落ちて降りてきたときに、俺、今日も生きてる!って。17回やってきて、今、俺、猛烈に生きてます!今日この気持ちを家に持って帰って、一緒に寝て、明日の朝、それを希望に変えて頑張ります(片手を上にあげガッツポーズ)2016年も嵐のこと見捨てないでくださいね。」

N 「難しいんですよね。あの人のあとに挨拶するの。入口がどこかわからない。散らかっちゃって。」積み重ねることの大切さ「宿題とか、1日くらいいいじゃない、ってなることもあると思う。何の意味があるのか、って。たぶん、何の意味もないんですよ。でも、それを繰り返しやることに意味がある。意味のないことでも、繰り返しやることで選択肢が増える。で、冒頭にもあったように、『今をどう生きる?』って聞かれたときに、たくさんの選択肢が、小さい子たちに、あればいいなって、おじさんは思います。もう大きくなってしまったひとたち、一緒に頑張りましょう。」

M 最初の一言が「楽しかったです。」から始まり、「ありがとうございました」と。「今日見に来て下さったみなさんが少しでも前向きな気持ちになれたら、僕らはこれをやっている意味があるかなと。」「頭が働いていないっす(笑)」「これからも感謝の気持ちを忘れず、自分たちの道を歩いていきたいと思います。」

なんか5人とも本当に楽しそうで充実してる感じで、こちらこそよかった、ありがとう。って思った。テーマが原点回帰だからみんな今までやってきたことを振り返ったのかなあ…ここまで来られてよかったみたいな、やっぱり嵐にしか出せないものっていうか…嵐が嵐でいてくれてよかったなあと思うし、嵐を好きになってよかったなあとおもう。一言一言が胸に響いたなあ…

 

■27.僕らがつないでいく

嵐を好きになってよかった。本当に。何年も何年も嵐は嵐だって思ってきたし、Jr.を好きになってもその思いは変わらなかったけど、原点に帰るとやっぱり嵐にとっても同じ夢を目指していたけれど離れ離れになってしまったひともいるわけで。それは今のJr.とも同じで。君への想いと同じようなことを思ったかな。”知らない時代でそっと誰かが背中を支えてる””繋ぐ誰かの願い””出逢えた偶然と今の意味をかみしめる””時代が巡り時間が流れて違う明日を追いかけてもいつかきっとこの道に戻るよ””僕らがつないでいく”私は、私にとって大切な人がステージに立っている限り、その人を精いっぱい応援しようと思います。そして最後のモニターの演出に涙。メンバーひとりひとりの名前と生年月日が映し出され、時間が進み、嵐のデビュー日に日付が止まると名前が消え、今度は嵐の文字と日付が映される。そこからまた時間が進み、現在の時間になり、1秒1秒進んでいる。

 

■ec1.ユメニカケル

コンサートで聞くとイメージ変わるなあ、こんなにのびやかですっきりした歌なんだ…

■ec2.Love so sweet

個人的に思い入れが強い歌なので(笑)、思い出に浸っていました。にしてもこの2曲ちかいな!!!さとしくんありがとう!!またひとつ思い入れが増えました!!!(笑)

■ec3.A・RA・SHI

会場の一体感!!(笑)たのしかったなあ…もう終わっちゃうって寂しかったけど。

 

■wec1.感謝カンゲキ雨嵐

…の前に、S「言い忘れたことがある!ちょっとだけ言わせて!12月31日、紅白歌合戦に出場します!で、そのあと、ジャニーズカウントダウン!この会場でやります!で、年が明けて、1月1日、嵐にしやがれスペシャルやって、1日挟んで、1月3日!コレカツ嵐やって、VS嵐スペシャルやって、坊っちゃんと…ぜひ見てください!」M「あともうひとつ。……えー、念願叶って。9年、ぶりに。アリーナまわることになりました」みんな絶叫、今日イチの歓声!!M「9年ぶりに僕らのほうからアリーナを回らせていただきます。詳細は明日の新聞とかに載ると思うので…」N「チケット争奪戦が始まるぜ~!」S「公演後”Wアンコール”と”アリーナツアー”がHOTワードに上がってるんでしょうねww」M「(笑)ぼく学びました!みんな書き込むんでしょ??(笑)学びました!!(笑)」「「さて…」」告知が終わってはける嵐。大ブーイング(笑) 嵐、ガチではける。ステージ上誰もいない、モニターにJaponismのロゴ映る、規制退場のアナウンス始まる(笑) みんなでめっちゃ嵐コールしてるとM「なんだよぉ~~」N?「(規制退場の)お姉さん早すぎるんだよなあ(笑)」M「お姉さんごめんなさいね(笑)」S「(理解)ああお姉さんってそのことか(笑)」M「じゃあやる?」\やるーー!!/M「やる派のひとー」\やるーーー!!!/M「やらない派のひとー」\(静)/M「…(笑)」S「じゃあなにやるー?」N「難しいなww」M「じゃあ最後なので、皆さんにこの歌を届けます。聞いてください。」で、イントロ始まる。曲途中に潤くんステージから飛び降りて何するのかと思えば見学席へ!!V6の坂本くん、三宅くん、長野くん、Hey!Say!JUMPのみんなが!!V6にいさんの”なんだよ(笑)”みたいな顔が忘れられない…かっこよかった…そして無事終了。最高のコンサートをありがとう!

 

□おまけ

見学に来ていたももクロちゃん(杏果ちゃんは不在)にきゃー♡かわいいー♡って手振ったらにっこにこ笑顔で振り返してくれました。かわいい( ノД`)

 

 

やっぱり嵐のコンサートがなによりも壮大で素晴らしい世界だと思い知らされたコンサートでした。しかも、嵐のコンサートの中でも、今回のコンサートが一番すごい。きっと次のコンサートは、このコンサートよりすごいものになっているんだと思う。嵐は常に予想を超えたどでかいものを見せてくれる。なにがあっても嵐は私の中でのなによりも上にある人たちなんだなあって。他のものなに見ても嵐を超えることはできないし、嵐から離れることもできないんだなって。正直最近関西を追うのに一生懸命で、ぶっちゃけね?(笑)降りるなら今しかないと思ってました。コンサート行って綺麗にスパッと、最高のアイドルでした今まで幸せな時間をありがとうって、言うなら今かなと思ってたんですが、まあ無理よね(笑)引き戻される引き戻される(笑)もうわたしは手一杯です!これからもガンガン掛け持ちやっていきますね。嵐ファン辞めてたまるかよ!嵐ファンやってるときが一番幸せなんだよ!チケット争奪戦勝てる気しないけど正々堂々戦ってやるわ。また会おうね!

 

そして、今回バックについてくれたJr.のみんなへ。本当にありがとう。最初から最後まで、みんながいてくれてよかったと思える公演でした。いい景色見られたかなあ。少しでも楽しい気持ちになってくれていたらうれしいです。MADE、They武道Travis Japan、東京スペシャル、そして、松本幸大くん。どうなるのか不安だったけれど、とってもとってもかっこよかったです。またいつか機会があればよろしくね。こんなに楽しめたのはみんなのおかげです。

スタッフの皆さん。全公演終了おめでとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。この場所は紛れもなく世界で一番綺麗な場所だと思います。またひとつ、夢を追いかける気持ちが強くなりました。本当に本当に、素敵な時間をありがとうございました。

*1:なお、東山さんのセリフについている”(笑)”はすべて”貴公子の笑み”と読みます。