わが身ひとつはもとの身にして

げんばのきろくとおもったこと

君と見る新しい景色を見つけに行こう

まさかこんなにハイペースでこちらを更新することになるとは。自分でもやりすぎなんじゃないかと思いつつ、今日もまたお話ししたいことが増えたのでパソコンと向かい合っています。Twitterで呟いたことと重なることもあるとは思います。すみません。

 

"関西Jr.だった時間は大事だけど、引きずったりはしてないです、僕はもう。"___(引用:日経エンタテイメント!2015年12月号)

 

飲み込むのに時間がかかりました。何度も読んで、いろいろ考えました。でもなんだか、この言葉を待っていたような気がするのです。ずっと待っていた言葉を、紫耀くんがやっと口に出して、文字にしてくれたと感じているのです。この世界って不安定で曖昧で、本人たちもメディアでさえも事実をはっきり伝えることが許されないことが多々あって、その中で自分の覚悟をこうして伝えてくれた紫耀くん。ふと浮かんだのは、夏の初めの康二くんのKinKan消滅発言でした。はっきり言われるとやはり胸が痛くなることもあるけれど、言わないまま胸が苦しいまま彼らを応援し続けるのも辛いものがあるので、そんな彼らにはいつもすごく感謝しています。

 

そう思っていてくれているのなら、よかった。紫耀くんには時々、「関西で大切に育ててもらったこと、忘れちゃったのかな?」って思うことがあったから。大事に思ってくれているならよかった。同誌の紫耀くん廉くんの発言に歯向かうようで申し訳ないけれど、関西にいた紫耀くんは本当に大好きだった。あどけなくてやんちゃで、心配になるほど馬鹿で、ハスキーボイスで喋ったり笑ったり歌ったり、次第にがっちりしていく身体で踊っている紫耀くんが大好きだった。康二くんと柊真くんに挟まれてにこにこしてる紫耀くんが、自分の魅力に気付ききれていない紫耀くんが、山下くんのこと大好きな紫耀くんが、話聞いてない紫耀くんが、聞いてても理解できてない紫耀くんが大好きだった。良くも悪くもその頃の面影は薄れてて、今の彼は本当にかっこいい。久々に見た彼が派手なパフォーマンスをしていたときは震えたし、そんな彼を好きでいたことが誇らしくなった。一歩遅れて東京に来た廉くんを支えている姿にもかっこいいなと思った。かつては「年下とは思っていません」なんて発言をしていたのに、なんだか最近お兄さんらしくなってきて、東京にいった二人がこれからも一緒にいてくれるんだろうななんて少し安心感を感じたりした。確実な根拠なんてどこにもないけれど。

 

そして、廉くん。関西が大好きだった廉くん。ファンを安心させるためとかではなくて、ただ素直に本心から関西を好きでいてくれたであろう廉くん。この夏で誰が一番変わったって、西畑大吾と並んで彼だと思うんです。まいジャニのMCに起用され、東京であのメンバーにぶち込まれ、確実に変わらなきゃいけない状況に置かれて、成長するというよりむしろ中身が丸ごと変わったみたいにまるで別人になって。最近は雑誌の紹介もすっかり”仕切り役”になってて、いつの間にかしっかり者の廉くんになってしまったなあって。顔つきや性格もキリッとして、やっぱりかっこよくなったねえって。

 

関西にいた二人が大好きだった。二人のいた関西が好きだった。私は忘れないよ、だから二人にも忘れないでいてほしい。最高のライバルであり友である仲間がいたこと。大切に育ててくれた先輩がいること。君たちを見て育った後輩がいること。笑ったり泣いたりした日々。一緒に追いかけた夢。持っているだけなら、覚えているだけなら邪魔にならないと思うの。心のどこかに置いておいてほしいな。

 

東京に来たところでチャンスが近づくだけで増えるわけじゃないし、所詮Jr.であることに変わりはないし、むしろ敵は増えるし、これから困難にぶち当たることもないとは言い切れない。でも頑張ってね。でっかくなって、また素敵なもの見させてほしいな。二人なら大丈夫だよ。数えきれないほど素敵な魅力を持ってるじゃない。ステージも大きくなったことだし、まだまだ見たことのない魅力もどんどん出していってほしい。

 

関西ジャニーズJr.でいてくれてありがとう。好きになってよかった。

関西ジャニーズJr.の平野紫耀くんと、永瀬廉くんが大好きでした。