わが身ひとつはもとの身にして

げんばのきろくとおもったこと