わが身ひとつはもとの身にして

げんばのきろくとおもったこと

わたしの名義ががんばってくれた話。2016春in松竹座。

4月7日、松竹座にお邪魔してきました◎

本当にひとりひとりがキラッキラで、康二くんばかり見ているつもりが あの子かっこいい!あの子かわいい!と連呼する始末。結論としては、関西担をやめられそうにないです。

さてさっさと文字に起こすぞ〜〜!

メモなしで記憶を思い起こして書いているのでニュアンスの違いや順不同はお許しください。あくまでじぶんの覚書です…!

 

◾︎〜OP

松竹座に入り、ファンレターを出して買うつもりのなかった前売り券(缶バッチつき♡)とグッズを購入、トイレのために松竹座を歩き回ってやっと座席に落ち着く。ヤバい。花道真横、完全に高さが同じ、もはや通路…後列は後列の素晴らしさがある◎

◾︎1.Dream Catcher

だいごくんのこえ!( ;  ; )懐かしい、松竹座に響く大吾くんの声…ちょいワルキューピー!ステージで踊る関西Jr.もみーんなかっこいい( ;  ; )そしてわたしの目線は完全に奈落へ。康二くん登場。黄色い衣装( ;  ; )花道だから見放題( ;  ; )はーかっこいい。流星にもずっとずっと会いたくてやっと会えたーかわいい( ;  ; )文一くんなんて何億年待ったことか( ;  ; )久しぶりに2番聞けて嬉しかったな。歌詞もメロディーも大好きなんだ〜〜!あと振りのラスト、ステップのところで後ろを振り返る康二くんがだいすきです。お兄さん◎♡

◾︎2.バンバンッ!

うわ〜〜かっこい〜〜!たのし〜〜〜〜!と思ってたのも束の間、すでに花道にJr.がやってきてもう大変。なんでかわかんないけどすっっごい廉くんが目合わせてくれた印象なんだよね…わたしだけとかではなく、みんなに!あの顔で見つめられたら落ちる(実際おちてる) それとサビ直前の、年中無休で夢中でとびまわれ〜〜ばばばばばばばーん!のあたりで赤名くんが近くに来てくれたので、わ〜〜♡って手振ってたらわたしめがけてばばばばばばばーんしてくれたんです…ありがとう( ;  ; )近くで見る赤名くんはまるで貴族でした。やばいわたしおとされる…あと流星も奥まで来てくれたね◎ 汗流してキラッキラの笑顔でとっても素敵だったよ!

◾︎3.ロマンティック

あ〜〜もうたのし〜〜!ここで記憶にあるのはこーちゃん◎ 近くまで来てくれて、目合わせてくれて、一緒になって踊ってました(笑)踊って〜〜!って顔してたから…(笑) あとは大晴が近くまで来てくれたんだけど、その時にちょうどステージで康二くんが スッゴイゴイゴイ〜?ってやってた頃だったから みんなでゴイゴイスー!ってやったら オッケー!合格!ってやってくれててかわいかった〜◎(笑)わー大晴いる!待ってでも康二くんのゴイゴイスー!!ってばたばたしてるのがすごい楽しかった(笑) C&Rはもちろん康二くんに♡ってこれ今気づいたけど今回レポっていうよりは個人的な感想になってる…ごめんなさい

◾︎[メンバー紹介]

かっこいいけど岡くんがいない

◾︎4.雅-miyabi-

和!!!色が嵐(笑) 大吾くん赤、康二くん青、流星緑、文一くん黄色、龍太くん紫。傘と扇子のパフォーマンス、綺麗で美しくて素敵だった!噂の扇子をくわえる振りでノックアウト。文一くんさすがやなぁって思いながら見てた

◾︎5.誘う

いざなーーーう〜!!!(恒例、康二くんしか見てないのでまともなレポがかけず歌うしかないタイム)あ、思い出した!!花道でファンの子に散々かわい〜〜♡って言われて少し照れながら長い旗振ってた小柴くんのかわいさは宇宙一だった

◾︎6.心の空

わ〜〜松竹座の嵐が本物の嵐の歌歌ってる( ;  ; )どこかな?記憶だとメイン5人が「春待ち桜〜」って歌ってる時に他のJr.が「孤独や涙を〜」って歌ってたのが素敵だった◎

◾︎7.百花繚乱

これ春のセトリ見て知らない歌は予習しておこうって聞いてめっちゃビビっと来た歌でめちゃくちゃかっこよかった( ;  ; )まじ和メドレー最高かよ

◾︎8.宇宙に行ったライオン

ヒィ…バンドきた( ;  ; )バンドが演奏してバンドが歌うのがすごく聴きたかったから嬉しい…わたしはこのひとらが世界でいちばんかっこいいバンドだとおもってる。赤名くんっていつドラム練習したの?

◾︎9.ドキドキBreak Out!!

りゅうせーーーい!!!かわいい( ;  ; )でも楽器持ってるお兄さんたちに囲まれて高くなったステージの真ん中で歌う流星は確かに中学生でした。体型が。横に正門くんと廉くんいるから特に。

◾︎10.torn

いやステージ暗くなって正門くんと康二くんだけ薄く見えるの反則じゃない????我得すぎだね?????龍太くんと康二くんは松竹座のステージの上で対角線とるのめっちゃ似合うよね(笑) 特に龍太くんがステージ奥で歌って、康二くんがステージ前部で振り返って下向いて龍太くんを指差してる構図がだいすきです。最後2人で後ろ向いた時に龍太くんの方を見てにこにこ康二くん。かわいい。

◾︎11.あなた

笑顔で出てきた〜〜文一くんの笑顔〜〜( ;  ; )バンドとバラードこんなに合わせられる5人って( ;  ; )しかもやっぱりめちゃくちゃ歌上手い( ;  ;)きっとまいジャニで冬まで歌い継がれるやつ(夏また文一くんいなさそうだから)

◾︎12.愛を叫べ

松竹座の嵐(本番)きた〜〜(笑)わたしじゃぽのときにあれだけ苦労したのにまだ振り覚えてきてない(笑)とりあえず西畑くんに合わせる。出てきてずっとリール巻き続ける晴ちゃんも変にかっこつけてる大晴もめちゃかわ♡♡あとちなみに西畑くんが「世界中の誰よりも綺麗だぜ」の誰よりで1階席指さしてたの見てたからね?なんかミスってね?(笑)

櫻橋くん「アーイ!」

もり葉ちゃん「ぁいたっ☆」

リーダー「(もり葉ちゃんのエスカレート版)んぁいたっっ☆」

福潤「えー、今日はみなさんに愛を叫びたいと思います。キスキスキス…キス!!!(バンドの)俺もKISS!!!(エアギター)(全力)…です(太陽の子供のデジャヴ)」

川北「にしはた(にのはただったかなあ?)くん!僕まだ小さくて愛とかよくわかんないんですけど、好きな人ができたら愛を叫ぶものなんですか?」

ニノ畑「そうやなあ~俺らくらいになってくると恋をすると愛を叫ぶようになるんやけど、川北もやってみるか??」

川北「♪とくべつじゃない~~〇%#¥じゃない~~(歌えてない)みんな~のそばにはぼく~がいる♡(たしかこんな替え歌してた)」

ニノ畑「あ、そっちのAIね!えー、あいのほうね!」

川北「にしはたくん、恋をするのにぴったりな季節っていつですか?」

ニノ畑「そうやな~~やっぱり春かなあ?」からさくらメドレーへ

◾︎13.さくらガール

言葉が出ません。強いて言えば集中して康二くん見てたつもりなのにその後ろにいたこじけんが桜の枝持ってるのジワリティ満点

◾︎14.桜、咲いたよ

龍太くんだよねかっこよかったの…?そうだよね?この歌もお気に入りだったんだ〜〜♡

◾︎15.桜咲くcolor

通路の方から叫び声聞こえるから何事かと思えば大吾くんいたー◎ この歌は前からいろいろ思い出のある歌なので素敵に歌い上げてくれてとっても嬉しかったです◎大西畑かわいい♡

◾︎16.桜援歌

龍太「なんでやろなぁ…桜見てると、めっちゃ切ななんねん。おとん、おかん、俺もいつかはしっかり花咲かせたるからな!見といてや!」

文一「ちょ…そんなこと言ってないで早く探さな」

龍太「え、ちょっと待って??歌って????」

文一「え?おとんとおかんおらんのやろ?じゃあそんなんしてないで早よ探さな…」

龍太「いや歌って??僕がセリフ言い終わったら ふるさと〜♩でしょ!?」

文一「え?じゃあ歌うで」

龍太「(セリフ繰り返し)」

文一「見てるよ〜♩おかん〜おとんといっしょに〜〜」

龍太「いや違うでしょ!?なに見てるよ〜って!?!?」

文一「いや龍太が 俺 やろ?俺がおとんとおかんやらな」

龍太「いやおとんとおかんやらんでええねん!俺が出て行ったんやから」

文一「あ、お前が出て行ったん?やったらいいよ〜〜ふるさと〜はなれて〜〜」

龍太「ちょっと待って!?ちゃんと歌って!?!?」

文一「いや歌いましたけど!?!?」

龍太「いやふざけないでちゃんと歌ってや…」

文一「なんやねんほんまうっとうしいわ」

龍太「ひど!」

この茶番中ずっと背筋伸ばして手を後ろに組んでいた吉岡廉くんかわいすぎて見惚れました

◾︎17.HONEY BEAT

いきなり始まんのかい(笑)桜援歌もう歌わんのかい(笑) ラスト文一一階席下手のお客さんに「笑って?笑って?笑って?」

◾︎18.花唄

あ〜〜花道うしろから登場した記憶があるんだけど記憶違いかな。ステージでもうたってた◎

◾︎19.サクラ咲ケ

振り付けは慣れたもんよ〜〜!康二くん見てた

◾︎[コント]

前トーク晴ちゃん&大吾くん

晴「だいごくーん?だいごくーん!」

大吾登場も晴ちゃんスルーし続けて「だいごくーん!?」

大「おい!ここにおるわ、身長同じくらいやろ!!お前いくつや」

晴「高一っすよもう」

大「高一?」

晴「高一っす」

大「俺も気持ちは高一やしぃ」

晴「ほんとは?」

大「ほんとはもっと下やけどな…(ウケない)ほんまこの子ね〜〜…あのぉ、僕ってあんまりいじられ…いやいじられますけど、そんなにいじられないタイプじゃないですか。この子ね、すっごいいじってくるんですよ!ほんま…まあ人はね、身長では決められない…」

晴「ほんまそうですよね」

大「こいつ…(蹴)あっ髪型も」

晴「あ、おそろいですね」

大「似せてきた?」

晴「いや…でもかっこいいっすよ」

大「ほんま?」

晴「お世辞っす」

大「ほんまこいつは…もっと先輩を立てろ先輩を!」

晴「こうっすか?(かがむ)」

大「ちがうわ!!もう… 今日ここ初めて?」

晴「初めてっす」

大「へーじゃあおもしろいことやっておもしろいこと」

晴「え、先輩やってくださいよ」

大「はぁ!?!?俺先輩やぞ!?」

晴「はい」

大「お前がやれよ!(笑) あれやって、たけのこ(笑)」

晴「いきます。…ぺりっ。ぺりっ。ぺりっ。…いやん(低音)」

大「wwww俺それめっちゃ好きやわwwwwいいですよね石澤のこの雰囲気(笑)ありがとう!ではそろそろコントに入りたいと思います…」

執事カフェ

マネージャー:西畑

執事:正門、室、小柴、向井

客:流子、文子

いやまじ今日入ったの正解すぎて…康二くんと正門くんが執事とかむり。あと大吾くんマフィアにしか見えない茶髪ショート×グレースーツ

大「はい、じゃあ挨拶の練習!」

執事『おかえりなさいませ、○%¥#さま!』

大「ちょっと待って今なんて言った??」

正「おかえりなさいませ、お嬢様」

室「おかえりなさいませ、お嬢様」

小「おかえりなさいませ、お嬢様」

康「おかえりなさいませ、お婆様」

大「なんでお婆様やねん!(笑) 康二ちゃんとやれ!!(笑)もう一度!」

執事『おかえりなさいませ、○%¥#さま!』

大「ちょっとまって!?wwなんて言った?(笑)」

正「おかえりなさいませ、お嬢様」

室「おかえりなさいませ、お嬢様」

小「おかえりなさいませ、お嬢様」

康「おかえりなさいませ、おお婆様」

大「なんやねんおお婆様ってwwほんまちゃんとやれ!!もう一度!!」

執事『おかえりなさいませ、お嬢様!』

大「よし、今日はこのカフェ開…オープン初日やから、任せたぞ!…おっとさっそくお客様だ」

流「あっれぇ〜、文子ちゃんおそいなぁ!あ、あんなところにバナナが〜〜!(近寄ってすってんころりん)いったぁ〜い☆」

文「お待たせ〜〜!(エグい女装)(観客から笑い)あれ?こんなところに執事カフェがあるわ〜♡入ってみる?」

流「入ってみましょう〜♡(カランコロン)」

執事『おかえりなさいませ、お嬢様!』

流「ただいま〜♡ここが家なのよね」

文「あのぉ〜今日ここ初めてで〜」

大「お客様当店は本日オープンしまして」当たり前のこと言ったな文一

文「あらそうなの?」

康「ちょっ…パンツ見えてる…(笑)」

全『\かくして!ww/』

流「ちょっとなに見てるのよっ!」

全『\あ〜〜〜ww/』

康「えww違う違うww」

大「このお店はここにいる執事がお嬢様のことを喜ばせるというお店なんです!…まずはかっこいい自己紹介があるのでそちらを」

小「僕ね〜最近太ったんですよ。それで、街歩いてたらお相撲さんにスカウトされました!小柴陸でーす」

文「…今のはかっこよかったの???(流子に)かっこよかった?」

流「あっでも最近お相撲さん流行ってるって言うしね〜♡いいと思うわ♡」

文「いいの!?」

大「まあ(笑)、えっと小柴陸っていいます!では次…正門お前汗すごいな」

正「こんにちは!シワシワネームのギター弾き、正門、(小声で)良規です(全体的に滑舌が危ない)」

文「ごめんなさい前半まったく聞こえなかったわ」

正「こんにちは!シワシワネームのギター弾き!正門!(小声で)良規です」

全『シワシワネームって何!?ww』

大「顔がしわしわしてる?」

全『\顔がシワシワ/ \たしかに/』

康「正門お前襟足だけ汗すごいぞ」

大「風呂入ってきたんか」襟足わしゃわしゃ正門くん

大「ということで次行きます」

室「(ステージ中央に出てきてジャケットを後ろにバサッ、その後ヤンキー座り)押忍!!!自分!室龍太っす!!!!好きな言葉はぁ!!!天涯孤独!!!夜露死苦!!!!」

流「……ひぇぇぇぇーーん(泣)」

文「ちょっと!流子泣いちゃったじゃない!」

全『\なにしてんねん/』

文「あんた…次流子怖がらせたらぶっ殺すわよ」

大「おい頑張れよ龍太、殺されたら困る  次は康二」

康「(スローモーション仕立て)タッ!タッタッタッタッ…(エコー風)タッ!タッタッタッタッ…(文子ちゃんに近づく)タッ!タッタッタッタッ…(文流の前のテーブルをスローで背面ターン、さりげなくテーブルを支える大吾マネ)タッ!タッタッタッタッ…(文子ちゃんのスカートをぺらりん☆)お嬢様、今日のパンツは紫ですね☆」

文「せいかい☆」

康「僕、向井康二って言います(文子ちゃんの手の甲をとってチュッ♡)」

大「なにしてんねんww申し訳ございませんお客様」

文「いや…いい♡」

大「あ、なるほど?意気投合しちゃうパターン??」

流「ちょっと喉乾いたわ〜、何か無いのかしら?」

文「このオリジナルメニューっていうのは何?」

大「そちらはですね、当店の執事たちがお客様のために特別にお作りするドリンクです」

文「そうなの?じゃあこれにしましょう!」

大「ご指名はありますか?」

文「そうねぇ…じゃあそのいちばん端のシワシワ」

正「…(ドリンクを持ってくる)お待たせいたしました、こちらその透き通るような白い肌をイメージしてつくりました、米の研ぎ汁です」

文「ちょっとこれ…おいしくなかったらあなたぶっ殺すわよ」

大「だ、大丈夫だ正門、きっと大丈夫だ」

文「(飲んでみる)…おいしい♡」

大「よかった(笑)ではこちらのお客様、ご指名はどうなさいますか?」

流「あの…端っこの(龍太)」

大「あのヤンキーwwかしこまりました、ドリンク出して!」

龍太、グラスを取り出すもやり方が下手すぎて逆さのまま持ってきてプレートにのせる

康「先輩いまこぼれてましたよwwww」

流「ちょっとぉ!」

大「新しいやつ新しいやつ」

龍「(新しいドリンクを持っていく)お待たせしました、お嬢様には、騎士のような、強さが必要かなと思いまして、こちらをお作りしました、クリスタルガイザーです」

流「……???」

大「ややウケやないかwwww」

流「ちょっと、他のものはないの!?」

龍「他のもの!?…(悩みながら新しいのを持っていく)こちら、お嬢様には、愛が!足らないと思いましたので、こちら、母乳です」

流「……ひぇぇぇぇーーん(泣)」

全『ちょっとwwwwおいwwww』

文子、どこからかおもむろに拳銃を取り出して龍太に向ける

全『えええぇぇぇぇえぇええぇぇ!?!?wwww』

大「ちょちょちょお客様、落ち着いてください!ww」

全『拳銃はヤバイww』

流「ちょっと文子ちゃーん、出しちゃダメって言ったでしょお?」

文「あんたほんとに次流子泣かしたらぶっ殺す」

大「龍太、母乳はあかんやろ」

龍「いや愛があるかなって」

康「龍太くん今でも飲んでますもんね」

龍「飲んでへん!!」

大「やめろ汚い」

龍「汚くはない!!!!!(今日イチ声張ってる)」

大「いや、ちょ、ちが…(笑)」

文「ちょっとあなたたち!?!?」

大「まあお客様!!当店にはキュンキュンサービスというのがありましてね、お客様のために執事たちがなんでもしてキュンキュンさせるサービスなんですが」

流「あら!じゃあそれおねがいします♡」

大「ご指名は…?」

流「じゃあそこの(陸)」

文「あなたあの子好きよね」

流「うん♡かわいい〜」

大「では小柴によるキュンキュンサービスですどうぞ」

小「お嬢様、とってもお綺麗ですね…特にこの、小指の第二関節」

全『第二関節!?ww嬉しいのか!?wwww』

流「え?とっても嬉しいわ♡だってこの…第二関節いつも洗ってるの」

文「そうねwwいつも洗ってるものねwwww」

流「うん♡こんな細かいところまで気づいてくれるなんて嬉しい♡」

大「では次は…?(文子に)どうされますか?」

文「わたしはいいのよこの子(流子)に選ばせてあげて」

流「え〜っとじゃあシワシワ…」

康「正門!お前なら出来る!」

正門くん、流子ちゃんの肩に肘を乗せるもしっくりこなくてやめる。結局手は椅子の背もたれに。ジワリティ。まねっこ大吾

正「お嬢様…もしよかったら、僕のギターの7弦目になっていただけませんか?」ヒィ(心の声)

文「…ちょっとあなたそれかっこいいの!?どっちだとおもってやったの?かっこよさ??おもしろさ??」

正「…おもしろいかなぁとおもって…」

文「それじゃ全然ダメ」

大「じゃあ次…康二!あのお客様をきゅんきゅんさせるんだ!」

とまどう康二、大「あの濃さを更に越えればいいんだ!」

康二「(ジャケットとベストを脱ぎ捨てる。龍太くんナイスキャッチ!)…(文子ちゃんのところまで歩いて行って)ちょっと来てください(そのまま舞台袖へ)アッ!これ…すっごい!(笑)…(康二だけ舞台へ戻る)オチがありません!ww」

大「なんやねんそれwwww」

康「(袖へ戻り、文子ちゃんと帰ってくる)」

流「ちょっと文子ちゃん!大丈夫!?」

文「いい夜だったわ、大丈夫」

流「何があったの!?」

文「それは言えない、すっごくよかった♡いろんな意味で」

大「では当店、最後にお客様を笑わせるための一発ギャグをやります(ここらへんの運びぜんぜん覚えてない…>_<)」

文「この子(流子)を笑わせてあげて!」

流「最近笑ってないから…」

康「その年で!?ww」

大「今いくつ!?ww」

流「じゅうよんさぁーい♡」

康「14で笑えてないって…(笑)」

文「この子も大変なのよ…ただ一発ギャグするだけじゃ面白くないからお題決めましょ」

流「じゃあおふろで」

執事『おふろ!?』

流「おふろばで一発ギャグ」

康「これは…もう思いついたのからやっていこう」

大「数打ちゃ当たる」

康「じゃあ僕いきます…はぁ~今日も疲れたな~頭洗わなきゃ、シャンプー、リンス~、ボディーソーぷぅ~♡(おしり!)」

流「あはははは、すっごいおもしろい!(棒)」

大「よかった!(笑)じゃあ次!」

小「えっと、じゃあお風呂で車に乗っています」

大「お風呂で!?」

小「すっごい広いお風呂」ちょっと今気づいたけどこの会話 大 小 大 小…ってかわいいね。関係ないね、はい次

小「ぶーん…よし、あの鏡を抜ければ未来に行けるぞ!えいっ!あっ間違えた!こっちだ〇%#¥(聞き取り不能)」

流「すっっっごくよかった!」

大「心開きました?」

流「もうパッカーーーーンよ!!」

大「パッカーーーーンですか!(笑)じゃあ次正門頼んだぞ!(飛ばされた龍太くん「俺は!?」みたいな感じ)心閉ざされるなよ!」

正「じゃあ僕がいつもお風呂で飲んでる飲み物を体で表します。ん~~~~からだ巡り茶(なんかこう…インドっぽい変なポーズ)」

流「(無言)」

大「心閉じちゃったやんか~~!!どうすんねん!!」

龍「じゃあ俺が」

文「ちょっとお題変えましょ(記憶があいまいだ~~~)」

流「い ち ご ば た け」

龍「いちごばたけ!?!?」

大「頑張れよ!wwしかもただのいちごじゃなくて、いちごばたけやからなwww」

龍「えっと…いきます。あははは~☆あははは~☆あははは~☆ぴっかぴっかのっ♪成人男性♪」

文「あなた…あなたそれ使いまわしじゃない!」

自分の持っていたうさぎのぬいぐるみを投げつける流子ちゃん、ぬいぐるみはなぜか康二くんに直撃。康二くんぶっ倒れる。も、流子ちゃんに優しく投げ返して

康「待って!じゃあ俺もやる」康二くん、龍太くんを寝かせ(龍「マイク…(ずらす)」)、龍太くんの膝に手、手に肩を置いてそのまま逆立ち◎客席から拍手◎さりげない大技◎

流「ぶんいち!」\ ………ぶんいち!?!?www / 流「…文子!(笑)撃ちなさい」

文「(拳銃向ける)」文一くんが龍太くんに向けて拳銃向けるたび最初はかばうだけだったのに押さえつけるようになってく康二くんなんなん。抱きつきたいだけやん

大「いや龍太くん、これは一回殺されるしかないっすよ」

康「こんなにスベってるんすから(笑)」

龍「…お前なぁ!(笑)」

文「殺されるか、新しいネタをやるかよ」

龍「どっちか!?!?え、お風呂でいいっすか?」

文「お風呂はダメよ。じゃあわかった。全力で誰かのモノマネして」

龍太くんジャケットを脱いで投げ捨てる。康「怒ってるww」

龍「あ~~今日もスベっちゃったな~~!(寝そべる)あそれ!あそれ!あそれそれそれそれうぃ~~~!!うぃ~~~~~!!!でもでもでもでもそんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!はい!おっぱっぴー!!(ガチ)(声似過ぎてて焦るレベル)」

文「なんなのよこの店!もう!帰りましょ!!」帰っちゃう文子ちゃんと流子ちゃん。

大「ほらぁ帰ってもうたやんか~~…でも龍太すごかったな、新しい扉開けたな」

全『\うぃ~~~/ \うぃ~~~~~/』

大「あっ…でもな、みんなに言わなあかんことがあるんやけど…いや、言うか言わないか…あの…俺、明日からパチンコ屋経営すんねん」

康「閉店ガラガラやーん☆」

ちゃんちゃん。

終始ぬいぐるみ抱いてメニュー鏡にしては文子ちゃんに直され髪をとかしまくってた流子ちゃんがツボでした。かわいすぎる…声もかわいい

◾︎20.UME強引オン

曲が始まってちびっこJr.がステージ前部にばーーーっと並んだ瞬間のわたし「やっっっばい!!!!くる!!!!」しかし後ろ向きに近づいてくる康二くんを目で追い続けていたら後から気づいたけど正門くんとかバリバリ見逃してた。みんなポーズしながら歩いてたから あっこれファンサ曲ではないのかな…と思いつつ前の人がハイタッチしてたので手を伸ばしてみるも柊和くんと "え!?ハイタッチするの!?しないの!?え!?行っちゃうよ!?!?" みたいな目線のやり取りをして終わりました。楽しかったです。あと溝口くんと目合って"こんにちは~(笑)"ってなったのもわろた(笑) なんで曲中でお辞儀(笑) なんかおかしな思い出がたくさんできたなぁ…この曲いちばん好きなのに(笑)

◾︎[MC]

大「それではみなさん少しお席のほうにお座りください…あの、文一くんの紫のパンツって…」

文「衣装よ?」

大「あ、そうっすよね…思わずマジのパンツかと」

文「私服で紫はちょっとやばい」

康「俺昨日V6の岡田くんからメール来てんけど」\え!?なんで!?/

康「え!?いつ交換したっけ!?三宅くんとも交換してないのに!って思って見てみたら、こんにちは、岡田准一です。Johnny's web更新しましたって、Johnny's webからやった(笑)」

文「あ~~来るからね(笑)登録してると。俺ら全員ちゃんと315円払って見てんねんで(笑)」

康「あれ最初誰かのに登録すると一番上がその人のになるでしょ~?それが俺はV6やねん」

文龍「おれ誰にしてるっけな~~」

康「でも誰かしらにしてるはずっすよ」

話はぶんぶんぶんについて

康「この前文一くん面白いこと書いてましたよね、なんだっけ…?(なんだっけ)」

文「あ~俺フィーリングで書いてるから覚えてへんねん」

大「え、文一くんあれ毎日書いてるんすか?」

文「毎日書いてるよ~でも例えば通し稽古のときとか、1日中、もう携帯のことが頭にない日とかあるやんか?だからそういう日は11時更新とかになっちゃう。誰が読むねんてww」

全『いや~~でもすごいわ~』

大「でも俺人の読まないんすよね、登録してないから」

文「おれ読んでるよ、かんじゅ日誌。大吾のも読んでるけどなんかいっつも正門出てくるよな」

龍「あれなんで?(笑)ずっと一緒におるやん(笑)」

大「まあ正門くらいしか友達いないんすよね~~あれ俺のマネージャーなんで」

康「流星のブログは…なんか、アイドルっぽいなあ」

文「昔は学校のこととか書いてたのになあ!バレーボール大会でしたぁ~~みたいな(笑)」座りこんじゃう流星(かわいい)

文「球技大会とか…」

流「あ、球技大会優勝しましたよー♡」

文「龍太のブログは絵文字ばっかりやんな」

龍「ギャル?」

文「いやギャルっていうかwwでもこの前字面でものすっごいスベってたよな、自分でボケて自分でツッコむっていう…wwなんかすっごいテンション高いのは伝わるんだけどすっごいスベってた」(内容なんだっけ)

文「康二はなんか写真載せてるよなあ」

康「そうなんすよ~~photo boyなんで」

文「あれ写真ってどうやって載せるん??」

康「僕は~あのぉ、メールにそのまま貼って送ってます」

文「へぇ~~俺も貼ろうかなぁ、なにも貼るものないけどな!俺が貼ったらすごいことなるで」

康「どんなっすかwwでもあれカラーで載るのがいいっすよね」

文「え、でもあれってどこまでいいん??」

龍「でもなんか体の一部だったらアリらしいっすよ」

康「だから俺マイク持ってる手載せた」

全『体の一部!?』お尻を撮るマネをする大吾くん 康「大吾それじゃ全部見えへん!こう!(股下から)」

文「あ、じゃあ俺抜けた髪の毛撮るわ」

康「文一くんwwもうそれ体の一部でもないwww」

話を戻して(笑)

康「でもあれバックナンバーとか見られないんでしょ?」

流「え、文一くんって自分で書いたやつ残してるんですか~?」

文「自分の?残してないよ」

流「え~もったいない、すごい記念になりますよねぇ」\ www /

文「え、でも連載1年とかいったらバックナンバー見られるんちゃう?今何年」

全『\もう1年?/ \1年は経つかな?/』

龍「え、どれぐらいですか?」客席に聞いちゃう龍太くん

(まったく違う方面)客席「1年は超えてるよー!」

康「おーありがとう!wいまその情報がほしかったんよ(笑)みんなもっとしゃべって~~」

文「お前ら1年か、俺もうこの4月で2年になるから」

大「2年間欠かさずに更新してるんすか?すごいっすね」

話題は入所日の話に

大「この前俺も入所日で、もう6年なんだなあって。(客席から拍手)ありがとうございます。あっという間でした。もう6年生です」

文「そんなん言うたら俺もう高校生やで」

流「でも待って、6年でしょ?小学校で考えたら一年生…」

文「え、じゃあ俺そうやって数えたらもう成人男性やで(笑)え?6年足すってこと?ちょっとようわからんww話戻そう」

文一くんからかんじゅ日誌へ課題

文「え、じゃあ次のかんじゅ日誌すっごいおもしろいのがいいな♡♡」

大「え、俺最近書いた!」

流「僕も最近書きました」

文「じゃあ康二が龍太ってことやろ?」

康「でも僕はもう原稿を提出しちゃったんで、もう直せないです」

文「じゃあ龍太か。じゃあお題は、松竹座のお客さんのことをすっごい褒めて」

龍「う~ん、え!?褒めながら笑わすん!?!?」

大「え~~龍太くんがすごい面白いの書くなら僕登録しよっかなあ」

文「お!登録者ひとり増えました!」

康「メール来るようになるからね」

大「え!じゃあにのみやくんからメール来るん!?絶対やろ」

話変わってドリステ

大「僕たち関西ジャニーズJr.が出演する映画が4月16日に公開されるんですが、そちらのここでしか見られない映像を特別にお見せします!どうぞ!」

風太が流れるたびに「かわい~♡」って叫ぶ大吾くん、次郎が映った瞬間「キャーーーーーーーーー!!!!!」ってもはや奇声あげる文一くん。映像はメイキングとか。funky8ちびジュだいたい映ってた。おおにしはたもあったよ♡康二くんゴイゴイスーカチンコ。涙を誘うシーンもあったり…!

大「ということでね!…あれ?どうしました?(笑)(康二に起こされてうなだれてる文一くん)」

文「いや、なんでもない」

大「龍太くん今日ウケてましたね!あの(台本から変顔)」

文「(客席に)ちょっとおかしいんちゃう!?!?」

流「そしてこの缶バッチ…じゃない(笑)、この前売り券を松竹座でお買い上げいただいた方への特典がこちら!(スクリーンに映し出される巨大な缶バッチ)」

康「うわぁあ~~!文一くんおっきいっすね!!これ持って帰るときはこうやって持って帰ってくださいね!(巨大な石のお金みたいな運び方)」

大「家入らんわ(笑)」

流「こちら数量限定でなくなり次第終了となっております♡」

康「はい!そして今日はいないんですけどね、僕たちの仲間、関西ジャニーズJr.の藤原丈一郎くんが舞台に出演します!(スクリーンにポスター)」\ かっこいい~~♡ /

康「こちら4月16日に始まって4か所を回って5月29日までと」

流「ちほうつうしゅうとしですね!(言えてない)(かわいい)」

文「あ、丈日記発表しよか?なんか今日は通し稽古をしたらしい。で、なんか何言ってるかわからんのやけど、10だった人が2になるとか10が0になるとか…\ www / まあ要するに通し稽古をしてなにか彼なりにわかったんやと思う」

康「なるほどwwそしてレギュラー番組ですね!NHKじもてぃ愛情マップみんなすきやねんに、僕向井康二、西畑大吾、大西流星で出させていただきますのでよろしくおねがいします。4月10日からです!」

文「あとはいろいろ出るね~まいど!ジャーニィ~とか雑誌とか」

大「あとは僕たちの先輩ジャニーズWESTさんのファースト…ツアー?パリピポのDVDにね!僕らも出させていただいているので」

文「すごい映ってたね~」

大「5月18日に発売ですのでぜひおかい~あげ?ください!」

流「あとはエイトさんのジャニ勉っていう番組のコーナーに僕と赤名くんと出させていただきます。4月…20日(にじゅうにち)」

大「はつか な」

流「4月はつかに放送です(笑)」

文「で、大事件発生やで。なんかなあ~今日松竹座で小さい子たちに お前らちょっとおもろないって言われてなあ」

康「えwwみんなに言われたんすかwww」

文「そう。お前ら並べ!って30人くらいに言われて \文一くんひとりしかおらんのにwwww逆ww/ そう。で、ハイッ!つって、なんでしょう!って言ったら お前…っていうかお前らやな、笑いなめとんのかと \誰wwww/ わしらからすれば \わしらwwww/ もっとおもしろくできるんやぞと、川北くんに \川北くんwwwwww/ だから春松竹で漫才の時間を設けるのでよいでしょうか!つって漫才やることになりました」

袖から関西Jr.全員出てくる。わーーーーー!たかられる龍太くん。ふーちゃんがマイク両手で持って文一くんにこしょこしょ話、そのあと大吾くんのほうへいってこしょこしょ話(このときの大吾くんの表情といったらない、デレッッッデレ)

文「風雅くんはかわいいなー♡五郎丸ポーズやってな〜♡」マイク持ったままニコニコふーちゃん(無言)

康「見てくださいあのマイクの持ち方!かわいい」マイク持ったままニコニコふーちゃん(無言)

文「さて今日は誰が漫才してくれるのかなー?」

◾︎[漫才]

ということで今日の漫才は小島&川北&岡井。

川「どうもー!川北翔でーす!勉強頑張ってます!仕事と学業の両立です!」みたいな自己紹介をしている間にこじけん「牛丼が…たべたい…牛丼…食べたい…牛丼が食べたいな~~」処理しきれない岡井くん「ちょっとふたりとも落ち着いて!!!なんですか小島くん」小「いや牛丼が食べたいなあって」岡「ちょっと静かにして!」小「(静)」川「ぼくね、バトル漫画(だっけ)が好きなんですよ」小「なるほど。ドラゴンボール、ワンピース、あと名探偵コナン」岡「いやコナンはちゃうやろ」川「僕今から戦闘シーンやりたいんですよ、テーマはライバルとの最後の決戦。僕が主人公やるんで(こじけんに)悪役やってください。(岡井くんに)ちょっとどいてて」岡「おい」こじけんに わーー!!と襲い掛かるもさらっとカウンター交わされてぶっ倒れる川北くん 岡「弱っ!」もう一度挑戦するもこじけんの膝が暴れ出す 小「デュエッ!!」またもぶっ倒れる川北くん 岡「いや何!?今の何!?膝抑えて!?!?」小「(膝を静める)」もう一度やってもこじけんの膝の暴走が止まらない、岡井くんにまで飛び火。岡「いやなんやねん!(川北くんに)お前も何倒れてんねん!(こじけんに)もっと手加減したってや!」次に川北くんが攻撃すると触れた瞬間「あぁっ…」と間抜けな声を出して倒れるこじけん 岡「いや手加減しすぎやろ!もうええわ!」『どうもありがとうございました~!』

漫才本編はここまで(だけどわたしは康二くんが漫才中に上手で文一くんの横であぐらかいて見ながらときたま笑っちゃって文一くんに引っ付くのもみてたし、文一くんの後ろにいた正門くんとこしょこしょ話してたのも見ている)

文「小島くんとは似てるものを感じるんですよね」\ おっ??/

小「ひ、ひざが!!デュエッ!!!デュエッ!!!デュエッ、デュエッ、、、(文一くんに向かってやるもだんだん小さくなる)」

大「あの、だんだん落とすのやめて!(笑)」

小「(もう一回)デュエッ!!!デュエット!!!デュエッ、デュエッ、、」

康「だから落ちてるからwwww」

文「俺ももうちょっとちゃんとやってくれたらのるのに」

小「デュエッ!!!デュエッ!!!デュエッ!デュエッ、デュエッ、、」

文「デュエッ!!デュエッ!!デュエッ!!」\ おー!ww /

康「ふたりでやってね、無事デュエットも成功したということで」

文「duetとか雑誌やん」

大「ん?……さらっといきましたね?(笑) ということでみんなありがとう!」みんな捌けていく中晴ちゃんが龍太くんのもとに近づき 晴「ばかやろぅっ(アントニオ猪木っぽい)」龍「え、俺なんで今ばかやろうって言われたん??」

文「いいわぁ〜〜俺あれもらおうかな」

大「文一くん残りの公演中膝暴れないようにしておいてくださいね

文「おう。抑えとく」

大「それでは後半戦に入りますか!みなさんお立ちください。それでは聞いてください、シルエット」

◾︎21.シルエット

メイン5人で歌うシルエット。ステージに5人1列で並んだところから、ひとりずつ離れてセットの上へ。オレンジ色のライトに照らされて歌うシルエット。見ていてすごく素敵でした。どうしてもシルエットってin大阪2013のあの14人のイメージが強くて、懐かしくも思ってしまったけれど、今この5人だからこそ歌える歌にも聞こえました。過ぎた時間と去っていった人は戻らないけれど、今の関西ジャニーズJr.だからこそできることもある。強くそう思った一曲でした。最後の康二くんの笑顔素敵だった◎

◾︎22.TAMER

いきなりかっこいいの始まるから何かと思った…褒美をgive ya まさかどくん(;;)

◾︎23.criminal

TAMER上手からcriminal下手に増えてくのめっちゃかっこいい◎赤トリオの衣装どこかで見たことあるんだよな~~…

◾︎24.can't stop

上下にそれぞれグルがいて、今度はセットの上に登場~(;;)かっこよすぎて(;;)

◾︎25.Eternal

criminal→can't stop→Eternalはいつかぜったいぶっ通しで聞きたいと思っていたメドレーだったので、まさかジャニーズWESTより先に関西Jr.が聞かせてくれるとは…嬉しかった(;;)あいをとーめられない(;;)とーめたくない(;;)

◾︎26.LET IT GO

わーーーーー!!わあああああ!!!(笑) なに?何から褒める?綺麗な歌声?上手な体の使い方??総じて良い◎

◾︎27.ホルモン〜関西に伝わりしダイアモンド〜

わー後ろからちっちゃい子たくさんでてきた~~!!かわいい。そしてたのしい。ステージの頂点で踊る恭平くん印象的だったな〜オチは長尾くんのお顔にレモン。「それ、ホルモンやなくて、レモンやないかー!」

◾︎28.1582

演出かっこいいかよ!!!!衣装から何からあのバックJr.までぜんぶかっこいいんだけど!?クリパのときと似てる衣装と仮面…誰だろ~と思って見てたらちょうど前にいたのが正門くんだった。ちなみにわたしはセンターの奈落からスモークたかれて風受けてる誰かを見に松竹座に来ているといっても過言ではない(ちょっと盛ってる)。しかも脱いだよこのひと

◾︎29.待ったなんてなしっ!

うしろからへんなひときた(笑) 流「ぶんいちくん!ぼく!アイドルになりたいんですけど!ぶんいちくん!まってください!」文「流星…アイドルの世界に、待ったなんてなしやで??」~歌~ 文「よし流星、俺がアイドル三か条を教えたる。まずひとつ、セクシーさ。見ててみ流星、ふぅ~ってなるで(セクシーポーズ) \ふぅ~/ よしやってみ流星。絶対できひんから」流「え~むりですよぉ(と言いながら文一くんが後ろ向いた瞬間に客席に合図)やってみます(セクシーポーズ) \ふぅぅぅ~~!!!/ 」文「隙間風かな?」流「どうでした文一くん」文「まあ隙間風やからしゃーないな?次二か条目。笑顔で手を振る。笑顔で手振られたらキャー♡なるやろ?見ててみ?(一階上手に) \キャー――♡♡/ わっ♡(嬉)ちょっとこっちにもやってみよ(一階下手に) \キャー♡×ふぅ~♡/ …ちょっとどっちかにしてくれないかな!?!?キャーなのかふぅ~なのか…俺もいきにくいわ…ほら流星、やってみ?絶対できひんよ」流「え~~できますかね~?(松竹座全体に)\キャー―――――――――――♡♡♡♡/」文「なんなん!?!?ちょちょ、もう一回手振って?」流「(三階席に手を振る)\きゃー♡/」文「(凝視→)お前ら帰れぇ!!!!なんやねんほんま(三階席下手に)\きゃーーーー♡♡/ え???俺でもいいの???(笑)(三階席上手に手を振りかけて)\きゃーーーーーー♡♡/ ちょっ、まだ振ってないやんかぁ♡もうっ♡」流「さすがアイドルですねぇ♡」文「はい、じゃあ三か条目。隠すとこは隠す (レオタードの文一くん、倒立して開脚)(隠れてない)」流「(必死で隠す)…隠れてないよぉ!?(笑)」文「よし、やってみ」流「(まねっこしてみる。できてないけど。かわいい)」そんなことをしてる前を1582のロングコート衣装+首に長いもふもふ+ハートサングラスを胸にかけた龍太くんが通りかかる。流「あの!」龍「はい」流「アイドルの方ですか?」龍「そうですけど」流「やっぱり!あの、あのひと(文一くん ※隠すとこは隠す芸をしてる。少年たちのタオルダンスみたい)もアイドルなんです」龍「ちょっ…もう、アイドルになりたいならあんなことをしていちゃダメだ!レオタードを着ているアイドルなんかいるか!?アイドルになりたいならこれを着て僕についてきなさい」流「確かに…はい!ついていきます」文「流星~~?隠すとこは隠す練習してる~?」流「文一くん!僕この人についていくことにしました」文「は!?なんで!?ちょ、流星、待ってや!!」流「文一くん!…待ったなんてなし、ですよ?(きゅるん)」~歌~ 歌の途中で龍太くんが落としたハートサングラスを拾ってかけるレオタード文一くん。ただの変人。ラスト、文一くんの布に顔から上半身を隠される三人。ちょっと透けてる。

◾︎30.ツキノミチ

スクリーンでステージが仕切られ、ピアノ役のこじけんも出てきているのになかなか捌けないサングラスレオタード。やっと捌けたと思えば奈落から大吾くん登場。歌が、うますぎる。でもいたっていつもの西畑くん。見た目はマジちょいワルキューピーだけど、中身は確実にあの西畑くん。声が優しいし、歌も音ズレが0で本当に聞き入ってしまった。背景はスクリーンに月が映っててスポットでバレエ山本くん。大吾くん歌い終わって肩すくめておちゃらけ

◾︎31.轟

ひえええええええ(;;)かこいいいいいいい(;;)ちょうど真ん前が康二くんで(;;)文一くんのソロも健在だし(;;)veteranとはまた違うけれどそれでもゴリッゴリでギラギラしててほんとうにかっこよかった…(;;)夏ぶりに大好きな歌が聞けて大満足

◾︎32.Love or Guilty

松竹座の高くなったステージの上でセンターとって歌い踊る康二くん(;;)松竹座懐古メドレーヤバい

◾︎33.コワレソウ

こんどは大吾くんセンターにして…だったかな?どの曲も過去とは違うけどどれもみんな今しかできない素敵な曲に聞こえたなぁ

◾︎34.Dial Up

流星メイン!フェイクも歌ってた~~もっとたくさん流星の歌声聞きたい(;;)なにわ衣装の三兄弟が出てきたのはここだね

◾︎35.蒼い季節

これね…わたし一年前の春にセトリで漏れてからずっとずっと歌ってくれって思ってたんですよ…でね、実際見たらね、康二くんが0番に立って歌ってるわけじゃないですか(;;)しかもフェイクも(;;)わたしの眼にはもう誰よりもかっこよく見えたよ、背中にはなにわの衣装ときんかんの衣装を着た6人がいたね

◾︎36.NOT FINALE

そしてやっぱり最後は大吾くんセンターで。一発めJr.コーナーとかと重ねてしまってすこし寂しくなった。けど本当に、最後の最後の一秒の瞬間までほんっっっとうにかっこいいステージだった!!!大吾くんの挨拶の時、みんな深々と頭下げてて、素敵な人たちだなあ、好きになってよかったと思いました◎

◾︎EC.HAPPY HAPPY LUCKY YOU‼︎

幕開けて龍太くんにバックハグしてる康二くんに五千万何やねんお前ポイント。花道めっちゃくる!!!(笑) サビはいったところくらいでこーちゃん来てくれて、手振ろうとしたけどめっちゃ目合わせて"踊ってほしいな…!"みたいな表情をしたので一緒に踊ったらほっとされたみたいでよかったです(笑) あとはやっぱり廉くん、みんなにじっくり目合わせてくれる!お顔綺麗すぎて見惚れちゃう。今の髪型超似合ってるよ!かっこいい!そんでもって大事件はこのあとですよね。ほんとに最後で、康二くんが来てくれて。アンコールがファンサ曲だから始まった時点では諦めてなかったんだけど、康二くんあんまりファンサしてないしわたし側にマイク持ってたし、手振ってるばっかりで近くまで来ても止まって二階席に手振りまくってるし全然こっち見てないから、あー無理だ帰っちゃう、って思ったの。でも奥まで来てくれてちょうど振り返るときにこっち側周りで振り向いてくれて、そのときに一生懸命 康二くん(;;)って手出したら ぽん、ってハイタッチしてくれた…(;;)いまだに忘れられないよ~~大きくてあったかくてさらさらで大人の男の人の手だったなあ…康二くん本当にありがとう!!やっぱりあなたがこの世でいちばんだいすきなひとです!そして続いて赤名くん。序盤でばばばばばばばーんしてもらったし控えておこうと思ったら近くに来て止まって変顔してくれました。お、おちないぞ???贔屓はするけどな????流星も後ろまでキラキラ笑顔を振りまきにきてくれたし、大吾くんも目合わせてくれたし、西村くんの腕を引っ張って花道後列まで走り回るふーちゃん、2人まとめてかわいさ満点丸◎本当にアンコール含め最後の一瞬まで最高に楽しめた公演でした!!悔いはないし楽しさばかりが残る公演◎素敵な時間をありがとう!これでまた頑張ろうって思えました。

 

えー、ここまでで17000字超えでございます。ここまで読む人いないでしょ…(笑)わたしでも読まないわ(おい) どうしよっかなあ。思いつく人の感想だけ書いておこうかな、埋もれさせたくないから!ここからは完全に覚書なので何を思ったかここまでたどり着いた人はここから先を読み進めるのは帆の無い船で日本からアフリカまで行くようなものだと思ってください

まず向井康二くん。あなたはほんとうに、誰よりもかっこいい!と、わたしはおもうよ(笑)。ひとの趣味はそれぞれだからね(笑) 冬の公演に比べたらすごい落ち着いて見えました。コントやMCの時とか全然暴れてなかったね。すっごくお兄さんらしかった。今回の公演に入って改めて思ったのは、康二くんが本当によく周りを見ている人だということ。そして、自分の魅せ方が本当によくわかっているということ。歌い方も、踊り方も、やっぱり目を奪われるものがあった。でもそれは周りを押しのけて俺が俺が、っていうのではなくて、ちゃんと後ろを見て、後輩を立てて、それもふまえてやっていること。自分勝手ではないこと。みんなでひとつの集団だという意識があること。康二くんに出会って、好きになってだいせいかいでした◎ ハイタッチありがとう。この世でいちばんだいすきなひとの手。あの瞬間は間違いなくわたしが全宇宙でいっちばん幸せだった!(笑) これからもずっとだいすきでいるね。本当に本当にありがとう。

西畑大吾くん。見た目マフィア化してたけど中身はそのままだった~~♡あんしん(?) ツキノミチ聞いてびっくりしました。このひと生歌こんなにうまいのか!?思えばあんまりバラードとか歌ってこなかったからかなぁとか考えたりもするけど、声が綺麗だし、音まったく外さないし、すっと入ってくる歌でした。あと自分からあんまり接触にいってないイメージだったんだけど、そこはやっぱり重岡くんに似てるなとか思ったり。でもすっごく目合わせてくれてるし手振ったりにこってしてくれたり、そりゃ惚れるよね(笑)

大西流星くん。かわいい(*ノωノ)存在自体がかわいい(*ノωノ)花道ばーって走ってきてくれて汗だくでニコニコしてキラッキラの笑顔振りまいて帰っていくあれは天使か。そうか天使か…

浜中文一くん。やっぱりプロだなぁと思いました。和メドレーとかメイン5人で並んでみてもひとりだけ格が違うっていうか、明らかに一枚上手。踏んできた場数が違うなぁと思いました。あ~~もう夏も会いたいよ~~関西Jr.といっしょに歌って踊る文一くんに会いたい(;;)またしばらく疎遠(;;)

室龍太くんはイケメン。以上

メイン5人書いたからあとは思い付きで書く✍

赤名竜乃介くん。いやぁあれだけ「西畑くんと赤名くんにはぜったいおちない」って言い張ってたわたしがまさかファンサいただけるとは…ばばばばばばばーんありがとう!もう純粋に嬉しい(笑) 本当に、ただひたすら これが赤名くんか…と思って手を振っていたところにちょうどタイミング良く歌がやってきたのでなんかもう運です。運。でもアンコールのときにまた来てくれて変顔してくれたのはさすがに え、わたしこのひとに落とされるん?と思いました。君はそうやって確実に順調にファンを増やしていってるんだね。よくわかりました。はい。落ちないように頑張ります。贔屓はする(断言)

正門良規くん。夏ぶりに見る彼はさらにかっこよくなっていて、なに、もうほんとに正真正銘のイケメン(;;)でも後輩のパフォーマンス中に手叩いてあげるところとか、純粋に漫才楽しんでるところとか、やっぱり本当に優しいひとなんだなぁって実感しました。さらなる成長に期待◎

福井宏志朗くん。アイドルに向いてるっていうか、関西ジャニーズJr.に向いてるなぁって思いました。ファンサばっかりしてどんどんファン獲得☆みたいな某狙い撃ちマン(否定はしてない(笑))とは違って、関西の伝統だから、踊るところは踊ってほしいな~!ってすごい一瞬で訴えられたけどすごい伝わってきた。西畑くんの挨拶の前みんながお辞儀するところ、こーちゃんがいちばん深く長く頭下げてたのちゃんと見てたよ。これからも頑張ってね。

吉岡廉くん。廉くんは魅力に気付いたのが去年の夏っていう鈍感すぎてほんとごめんなんだけど、やっぱりかっこいい(笑) 近くで見るとほんとに見惚れちゃう。あの綺麗な顔で見つめられたらそりゃ落ちるよね?あんまりファンサやってるイメージ無かったけどあれは目線で落ちるよね?いやなんか、廉くんの顔が頭から離れなくて大変なんすよ(笑)恋かよ(笑)

毛利柊和くん。アクロバットはさすが◎としか言いようがない…ちょう綺麗だった~~!マジでUME強引オンでのあのためらいあいはなんだったんだ、逆に忘れられないわ(笑)

石澤晴太郎くん。わたしの知ってる晴ちゃんじゃなかった…オトコノコだった…かわい~~♡♡じゃなかった…ずぎゅうううううんだった…かっこよかった…素敵だった…

小柴陸くんはかわいい。以上

 

パッと印象に残ってるのはこんな感じかな。もちろん立ち位置的にわたしは後列花横だったのでそこまで来られる子じゃないと印象に残すのも難しいんだけど。素敵な出会いがたくさんあった公演でした◎もとから好きだった人にはさらに惚れ直したし、また新しく魅力を見つけたひともたくさん!とにかく本当にこの公演はひとりひとりが自分らしく輝いていて、新生関西ジャニーズJr.になってから夏冬とあんまり目立てなかった子もずっとメインでやってきてるひとたちも同じくらいキラキラしてるように見えました!本当に素敵な時間をありがとう。今まで生きてきたなかでいっちばん幸せな時間でした♡

 

結論、関西担やめられない\(^o^)/

 

松竹座に春がやってきました

お久しぶりです。お元気ですか。

体調は崩していませんか。東京にはもう慣れましたか。夢を叶える準備は順調ですか。

今はもう何もわからないわたしがこんなことを言うのはおせっかいが過ぎるかもしれないし、気持ち悪いかもしれない。きっと笑われるだろうなあ。ごめんね。

 

あなたが関西ジャニーズJr.を去ってから、一年間はあっという間でした。

悲しみに暮れて泣きじゃくっていたら春が終わり、無我夢中で追いかけた夏も、余韻が抜けなかった秋も、期待でいっぱいだった冬ももうぜんぶ終わって、気づけば春です。もう一年です。

正直な話、今でも悔しいし、寂しいし、後悔しています。戻ってきてほしいと思うことも何度もあります。でもそんなものは、今の彼らにとって、きっと足枷にしかならないんだろうなあと思うから、それにこんな素敵な場所を抜け出してまで叶えたかった夢なのだろうから、わたしは精いっぱいの諦めも込めて、彼らが今追うべき夢を心から応援したいのです。

一年経って改めてこうしていろいろと考えていますが、まだわからないことや不安なこともたくさんあって、うまく気持ちがまとまらないのが現実です。この記事も、書き始めたのは今からだいたい一ヶ月くらい前のことで、何度も文字を並べては記事ごと消し、書き直してはすべて消しを繰り返して今に至ります。

2015年を終える時、そして一年が経つ今。思うことは同じで、まだ過去にしたくないということ。こうして節目が来るたびにまたあの頃が遠ざかってしまうようで、胸が苦しいです。と言いつつ、どこかでまだ信じ切れていない自分がいたりするのも事実です。むしろ日を重ねるごとに6人の頃の記憶に戻りつつあるのかもしれません。でも、それはただの想い出です。綺麗な想い出。6人の男の子の、素敵な青春の日々。もう二度と来ない季節。思い出すだけで儚くて切なくて苦しいけれど、思い出すだけで幸せになれます。

 

なんてね。


こんなことを言っているけれど、わたしは今の関西Jr.が大好きです。流星はしっかり者ででもまだ純粋でかわいくて、文一くんや龍太くんはとってもおもしろいし本当に頼もしい。春は松竹座にはいないけれど、funky8はひとりひとりの個性がキラッキラと輝く素敵なユニット(仮)(笑)だし、まだまだフレッシュな子たちも、そこそこに慣れてきた子たちも、それぞれの居場所を見つけていろんな方向から楽しませてくれる。センターの大吾くんは中身も見た目も見違えるようにかっこよくなった。そして康二くんは、、いい先輩になったね。(何を書こうか迷っていたら日付を超えました) いい先輩であり、いいアイドルだな~~って、誇りの自担だな~~(笑)って、おもいます(たぶん)(?) あ~~自信が持てないよ柊真くん!(笑) 助けて~~!(笑)

 

そんなこんなで(どんなだ)ついに春松竹が幕を開けますね。一年前に涙を流したあの日が、今年はスタートラインです。一時期は春松竹無いんじゃないかとかいろいろ危ぶまれたけれど、結局こんな日程でよかったのかもしれないとか思ったり…。それはさておき(テンションがおかしい)、休演日ナシのぶち抜き12日間16公演、体調には気を付けて、怪我無く無事故で、関わる人すべてが満足できる公演になりますように!素敵なステージを期待しています。東京のどこかで頑張っている彼にも、素敵な春が訪れますように。

3回生まれ変わったらこんな世界に住むつもりです

かねてから言い続けている理想の世界と、最近口癖となった「3回生まれ変わったら康二くんと結婚する」が今脳内で完全に繋がったので部屋からパソコン持ってきました。

 

この物語に出てくる 私 はわたしではないし、あなたでもないからね。わたしが3回生まれ変わったあとに送る人生だからね。

 

~どこかの高校~

□1年D組

私(15)※早生まれ

サッカー部マネージャー(プレイヤーになるつもりだった)。彼氏いない歴=年齢。絶対ポニーテール。座席は最前どセンター。両隣がうるさい。

 

平野くん(15)※早生まれ

帰宅部。入学して3ヶ月が経った今でも5,6個の部活からスカウトがくるも、「えぇ~?(笑)」しか言わない。授業は寝てないのに聞いてない。生態がいたって謎。購買のパンが常にバックから見え隠れしている。座席は私の右隣。

 

小瀧くん(16)

サッカー部。目上の人に媚びるのが上手く先輩や先生と仲が良い。特にサッカー部の重岡先輩と康二先輩とはまるで同い年のように絡む。声がデカい。座席は私の左隣だから最前列なのに、グラウンドに響き渡るレベルの声量で先生にボケる。

 

西畑くん(15)※早生まれ

陸上部(短距離)。窓から2列目前から5列目。後ろの方からえんやわんやしてる。顔が広く、クラスメート全員はもちろん他のクラスの子とも大体仲がいい。特に仲がいいのは廉くん。

 

廉くん(15)※早生まれ*1

帰宅部(塾で勉強に専念するか部活に入るか迷っていたら決めそびれた)。窓から2列目後ろから4列目。学校ではずっと一緒にいる西畑くん(大吾)しかし彼には学校のある日は毎日部活があるので、帰りはいつも平野くんと一緒。めっっっっちゃ真面目。なのに、後ろのひとが授業中茶化してくる。嬉しくないわけじゃない。

 

中間先生(26)

小瀧くんのイジり要員。チョークで手が汚れるのがちょっとイヤ。キャスター付きの椅子が乗りこなせない。教科は英語。

 

だいぶうるさい。中でも際立ってうるさい奴らに囲まれているせいで自分も相当うるさい。中「おはy 小「ワァァァァ」中「なに!?いきなりなに!?」小「え!?!?あ、おはざまーーーっす!!」私「うるさい!!」平「私ちゃん!メロンパン買おうとしたらアンパン買っちゃったんだけどいる??」私「いらない!!」西「あ、しょおー!それ俺にくれへん??」平「あ!ちょうどよかったー!あげる!!」そして平野くんが投げたアンパンは綺麗な軌道を描いて西畑くんのもとに届くも、西畑くんが華麗なキャッチミスをかましてアンパンは廉くんの頭を直撃。無言で頭を押さえる廉くん。自席で頭を抱える私。教卓で頭を抱える中間先生。いたって普通の日常。

 

 

何度でも言うけれど、現実のわたしはこんなこと全く夢見ていないし、むしろガチでこんなん夢見てたら精神科紹介する。

 

精神科行ったことないけど。

 

 

気を取り直して

□サッカー部*2

重岡先輩(18)

3年E組(担任は桐山先生)のガキ大将。校内騒がしさランキングナンバーワン。キラキラ笑顔とぶっ飛んだ思考を持つサッカー部のエース。1年の小瀧がおもしろいので、よく1年D組に遊びに行く。

 

康二先輩(18)

3年E組。小さいころから重岡先輩(シゲ)と友達で、高校でもなんだかんだずーっと一緒にいる。騒がしい重岡先輩に比べてだいぶ落ち着いている。優しい。しょっちゅう1年D組に遊びに行くシゲに、仕方なくついていく。

 

藤井先輩(17)*3

2年C組(担任は濵田先生)。窓際の一番前ですやすやと眠る姿は彫刻すら比べ物にならないほど美しい。サッカーが上手で美形…とモテる要素たっぷりなのに、何かと寝すぎていて女の子が告白する隙を与えられない。

 

神山先輩(17)

2年C組。成績優秀、スポーツ万能、優しくて面白くてみんなの人気者。次期部長候補であり次期生徒会長候補(推薦)で、どちらを受けるのかみんなが見守っている(特にサッカー部)。

 

1年D組のサッカー部(小瀧くんと私)と異常に仲がいい重岡先輩。2日に一回くらいのペースで休み時間に遊びに来る。康二先輩も一緒。ただでさえうるさい1年D組の教室が8割増しでうるさくなる。重「こたきィーーー!!!私ちゃぁぁぁぁぁん!?!?きーーたーーでーーーー!!!あ!?!?じゅんたやーん!!いぇーーーーい!!」中「うるさい!呼び捨てすな!!」小「何しに来たん??(普通の会話なのに声がデカい)」重「あー次の大会のなぁなんか渡すもんあったんやけどぉ、教室に忘れたわーー!いや~失敬失敬」私「なにしてるんですか先輩」重「ん~~、呼吸!」私「…今すぐ教室に取りに行ってもらえます?」*4重「べつに急ぐもんやないからぁ~なー小瀧☆」小「俺が知るわけないやーん☆」

 

ここからが重要。ここまではむしろ前置き。さて、こんなに重岡先輩と仲のいい私ちゃんですが、実はそんなやかましい重岡先輩の隣で苦笑いしつつ自分たちを見守る康二先輩に淡い恋心を抱いているのです。重岡先輩と話すのは楽しいけれど、重岡先輩は明るくて面白くて仲良くしてもらっているのが嬉しいけれど、なんでだろう。視線は気付くと康二先輩の方を向いているのです。なんだか、前世の前世の、そのまた前世くらいでも、この人のこと好きだった気がする。重岡先輩の暴走がそろそろヤバいと感じるまでめったに口を開かない康二先輩。ずっと見ていたら、ふとこっちを向いた康二先輩と目があってドキッ♡みたいな、そんな青春を過ごしている私ちゃんなのでした。

 

 

この後私ちゃんの気持ちに気付き始めてちょっかいを出したり陰でうまく歯車がうまく回るよう調整をしたりするクラスメートやサッカー部員の様子や、私ちゃんの恋模様の続きは、この記事が相当叩かれない限りそのうちまたぽいっと産み落とすかもしれない。これはまだまだ序章ですよ!なんてったってわたしの口癖は「3回生まれ変わったら康二くんと結婚する」だから。

 

 

 

 

はやく生まれ変わりたいな。

 

 

 

*1:そろそろ早生まれ多すぎだろとか苦情来るかもしれないけど知らない。

*2:あの、現実のわたしに部活で3年生の先輩というものが存在しなかったので、引退の時期とか知りません。

*3:字面に震えた

*4:結局のところ、重岡先輩はただ後輩と絡みたかっただけなので渡すものなんてないのです

人生でいちばん、"人生でいちばん"を体験した一年間の総記録

さてわたしが結婚できるようになるまであと数時間となりました

 

おおみそかに何もしなかった分、誕生日前日に一年間を振り返ろうと思いまして

この一年間はどうしても振り返っておかなくてはならない年な気がして。

入った現場だけ記録しておこうかなと。

 

ではさっそく

 

■嵐のワクワク学校 ―2015.06.28 2部―

いきなり6月かよ!って仕方ないじゃない…まあなにはともあれ2015年上半期終了を目の前にしてやっとこさ初現場に足を踏み入れたわけです。嵐さんはぽぷこん以来入っていないので…2年半ぶり!ひさしぶりTOKYODOME~~!!申し込み締め切り当日の夕方まで行くか行かないかすら決めておらず()、もうどうにでもなれー☆ってオーラスに申し込んだらまさかの当選。しかも発券してみるとまず目に入った文字は22ゲート。Oh一階ど真ん中。ということで久しぶりの嵐さん、登場前のオープニング映像の時点で必死に涙をこらえるわたし。何故そこで泣く。そんでね、じゃんぷくんたちもいたんですよね!はじめまして~。14人もいるものだから目と脳がパニックでした。盆踊りが最高にたのしかったかな!!この日からしばらく「世界でいちばんだいすきなひとたちと盆踊りおどったからもうわたしの夏は終わった」が口癖でした。(実際ここからアツすぎる夏が始まる)

あと、帰り道にコケました。

 

■少年たち~世界の夢が…戦争を知らない子供達&SummerShow! ―2015.08.12―

今まで見てきたもののなかでいちばん大切な舞台です。あの日見たもの、あの日聞こえたもの、あの日松竹座に足を踏み入れた時の緊張感、あの日の空気、あの日出逢ったひとすべて、何よりも大切な思い出です。何度でもいうけれど、きっとあの日、一番最初に康二くん…ムカイが奈落から現れた瞬間、わたしはすっかり彼におちてしまいました。前々から好きだったけど、あの瞬間に「あぁ彼はわたしの王子様だ」と。いやこれだけ聞くと相当痛いヤツだけど…本当に康二くんばかり目で追っている自分がいました。(9月に日生に3人が来たとき「大西流星がレアすぎた見ておけばよかった」と公開する羽目になる) 殴られ続けるムカイ、風を受けて歌うムカイ、なにもかも、わたしの知る康二くんではなかった。わたしが好きなのはムカイなのでした。でもやっぱり、オレオレだのなんだので康二くんにキュンキュンしてる自分がいたり。あ、でも、いちばん鳥肌立ったのはニシハタが約束の歌うたいはじめた瞬間でした。あとはラストのオオニシとか

 

■少年たち 世界の夢が…戦争を知らない子供達 ―2015.09.10―

わー1か月もたたないうちにまた康二くんに会えるよ!ということでこのころは学校がぶっ倒れるレベルで忙しく、この日のためにどうにか繋いで頑張りました。いやチケットの封筒開けたらA列って書いてあって何かの間違いかと思いつつ当日席につくとまあ近さがえげつないのなんの。一番最初に出てきたのが看守ニシハタで(ぶっちゃけ雰囲気変わりすぎてて一瞬誰かわからなかった)、初っ端まばたき禁止令が自分の中で発令。開始約3分で看守ムカイが目の前を通過、もう意味がわからない。康二くんが走って起こされた風に心地よさすら感じていたわたし。意味が分からない。舞台上でたこやき食べる康二くん。意味が(以下略) 康二「△○♪×$%@~~!!(たこやき食べながら)」大吾「何言うとんねん!」その後も続々と目の前を通過するJr.たち、樹くんに至っては目の前で踊るし…とにかく近いという印象がひたすら強い舞台でした。下手が康二カーニバルだった。幕間終わって2幕はじまった直後に目の前通ったひとがいたから心の中でキレてたら照明ついて京本くんだったことが判明したのは有名な話。

 

■関西ジャニーズJr. X'mas Show 2015 ―2015.12.17―

夏ぶり松竹座いえーい。恩人とともに松竹座インいえーい。ほんとうにたのしいたのしいコンサートだった~~…彼らの魅力を再確認できたし、新たな魅力を見つけることもできた。一曲一曲、あぁこの曲では誰がこんなことしてて、とか、ここは誰が歌って…とか、その曲を聴くといろいろと思い出してしまいます。ミッドナイトシャッフルとかびーくーるとかは割と震える体をなんとかもちこたえさせて見てました。漫才も足ツボもほんとうにおもしろかった…東京でバトンだのローラースケートだのやってる中での足ツボだからね。割とリアルに痛いやつだったけど。あと千秋楽のプレゼント交換、元ネタはこの公演のるーたんの発言だからぁ!(だから何)

 

■ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism ―2015.12.17―

(ただいまの時刻・23:12…やばい、日付変わる間に合わない)これが2015年最後の現場です。そしてわたしの名義がまたしても大奮闘。これまた まあ名義影響してないとはいえワクワク当たってるし今年めっちゃいろいろ行ってるし当たるわけないよね☆オーラス入れちゃお☆と自棄になって応募したら当たりました、そしてまたもや22ゲート、おまけにスタンド超前列…もう4年は当たらないなと察しました。そしてまたもやオープニング映像で泣きそうなわたし。一曲目sakuraでモニターに「FINAL」の文字が映され、「あ、どうやらわたしやばい公演に入ってしまった」と気づく。おまけにヒガシさん、ジャニーさん、おじゃんぷ、V6坂本くん三宅くん長野くん、ふぉゆ松崎くん、、ももくろちゃんとえらい見学の数。なんだこれ…生きて帰れるだろうかわたし。Wアンコでお潤からアリーナツアーの発表、心の中で叫ぶ"当たるわけないだろ!!!!!"。詳しいレポは別ページ参照で。わたしはもう疲れた。

あ、この日はちゃんとコケずに帰れました。

 

■おもちつき ―2016.01.02―

いやたぶん本当はあんまり書かないほうがいいからタイトルもふんわりさせておいたんだけれども。2016年はじめてこの目で見たジャニーズは五関くんでした。念願の紫耀くん廉くんにも会えて満足。以上。

 

 

 

というわけでこんな感じでした。急いで書きました(ただいまの時刻23:23)…まにあったー!でもいったい何に追われていたんだろうわたし。もうねむい。よくわからないことになってきたので切ります。さようなら。ほぼ自分のための記事でした。

せかいでいちばんきれいなばしょ ~Japonism in Tokyo 1227~

久しぶりにこんなに綺麗なものを見ました。最近ドームコンサートよりぐっと規模の小さい劇場公演ばっかり見に行ってたので、やっぱり迫力に圧倒されました。どっちがいいとかいうわけではなく、劇場には劇場の良さがあってドームにはドームの良さがあるんですが。

ちょっとこんなどうでもいいことだらだら言ってないで早く感想を書かなきゃ…今回は本当に本当に純粋に楽しんできたので記憶が薄れていくのがはやいんです…

 

■0.オープニング

「今をどう生きる?」という強く深い質問にイラストと嵐さんの声がよく合う。キャーキャー言うオープニングではなくてしんみりずっしりしたオープニングでした。ちなみにここで私は人生で初めてジャニーさんを見ました。席の真下を歩いてました。

■1.sakura

アルバムを初めて聞いた時の感想と全く同じ。

◾︎1.sakura この曲が一曲目と聞いた時、ああJaponismだな、と思うと同時に すごい覚悟決めてきたな、と思った。この曲って主題歌にはなっていてもメンバー出てないし、なによりメイキングが酷評すぎてあんまりいいイメージないから。個人的にはいい歌なのにもったいないな…と思ってたからここで持ち上げられて嬉しい。

Japonism \感想/ - わが身ひとつはもとの身にして

 Japonism一曲目には本当にちょうどいい曲だと思うの。ここでやっと持ち上げられて本当に嬉しい。

曲終わりの嵐からの一言、新しくてこのコンサートらしいな~~と。口上みたいな挨拶が素敵すぎて!!和!!!それすきなやつ!!!!

■2.miyabi-night

sakuraからの流れが超気持ちいい。2曲目もぴったり、さすが嵐、さすが潤くんだなあと思った。やっぱりどんなセトリにすればファンがぐっとくるのかわかってるんだよなあ、すごいなあ…で、バックの演出がすき!!!赤い布もって踊るやつここだよね…?なんかこのメンツが今回バックついてくれてよかったなっておもった。

■3.ワイルドアットハート

久しぶりに聞いたなあ…!楽しいな~~踊れる曲たのしいな~~♡

■4.Troublemaker

ここらへんで席とステージの距離感に焦りはじめるわたし。やべくね…?顔余裕で見られるんだけど?綺麗な顔しとるなあ…今まで生きてきて一番近い距離でハートビート見たわ

■5.青空の下、キミのとなり

嵐さんがあまりに近すぎる上に高すぎてちょくちょくもっと近くにいるJr.を見るわたし。ほう!これが○○くんでこれが○○くん…!とか思ってた。宮近くんよく見えた。個人的な話、仲田拡輝くんが好きです。はけるために走ってる時まで踊ってて、ずにあぁ…ってなった(表現力)。そういえば真下からはけたからかなり近かったな

 

■挨拶

何年ぶりに聞くんだか。ちょっと変わったよね~~現場に恵まれないわたしだけれど頑張ってついていったよお

 

■6.Make a wish

申し訳ないのですが通常版の歌をそこまで聞きこんで居らず、今日聞いて一耳惚れしました。こんないい歌通常版だけとか何してくれてるのJstorm…

■7.MUSIC(二宮ソロ)

はあああざといねえにのちゃんかわいいねえにのちゃん。あんた今年何歳よ?ずるいわほんとに…ステッキ(?)しょって体うしろに傾けてウインクする姿 is 確信犯

■8.Don't you love me?(松本ソロ)

はあああああああかっこいいいいいいいいなにこれわたしがすきなやつドストライク…アクロバットというかああいうガシガシ動くやつ好きすぎて危うく潤くんにガチ惚れするところだった危ない

■9.イン・ザ・ルーム

ファーーー最高かてどうした神セトリ!!鏡に向かってたりソファにもたれてたりそういうのもドストライクだからあ…(ここで、今この記事を書いている自分が疲れ始める。そしておなかがすいてくる ※どうでもいい)

■10.マスカレード

アルバムでもインザルームからマスカレードの流れが好きで、インザルーム後にこれはマスカレードきてほしい…!とか思ってたら一回間奏入ってはいマスカレードきましたー。まさかのスタンドマイク!クラブっぽいかんじ!!どうでもいいけどわたしこの歌めっちゃ好きで演出超楽しみにしててたんだけど割と予想外の演出にさらに惚れました…それこそめっちゃ踊ると思ってたからさ…2番サビの嵐が下手Jr.が上手で踊るとこがめっちゃかっこよかったなあ…激しめのダンスではなかったけど歌に超合ってて、あ~マスカレードってこういう歌だったんだと納得させられました。最後の水吹く演出でノックアウト。

■11.Happiness

とつぜんの!はぴねす!たのしいかよ!にしてもいきなりぶっこんできたな…マスカレードとのギャップよ

■12.ハダシの未来

トロッコ近すぎて踊るに踊れないっていう(笑)なんかもう興奮しすぎて自分が何やってるんだかわからなくなり、ファンサしつつパッと踊りだせる嵐ってやっぱりすごいんだなあとか意味わからないところで感動してた(笑)ラスト2人2人1人で手あげるところとかわたしにのちゃんで最後だったからよかったわ、多分ほかの4人だったら上げ忘れてるわ(笑)そういうにのちゃん上げてなかったけどね!?!?!?!?みてたよ!?!?

■13.GUTS!

むりたのしいww踊るの超楽しいwwここでちょっとストラップなしのペンラの危険性に気付く

■14.愛を叫べ

ずっと振付を覚えるべきなのか別に覚えなくてもいいのか迷ってて結局みんな踊ってたので急遽踊りました。覚えてないかと思ってたら意外と体動いたわ…順番に指さすところハダシ的楽しさがある

■MC

M「すげぇ…すげぇぞ今日の空気」\わー♡/ S「いやぁもうラストとは思えない空気ですね」「「え???」」←主ににのちゃんの声 S「やっぱり最後ってなるとお客さんの気合いも違うの?」\いえーーー!!!/ N「でも見に来るの初めてなんでしょ?」M「俺らはやりきった感すごいけど…別にやりきってないでしょ??ww」\wwww/ S「あ、そうじゃなくて気持ちはずっと一緒に回ってたよってこと?(笑)」\いえーー!/ M「いや、でも回ってないでしょ??www」\wwww/ S「ソロ終えた二人はどうですか?」N「いやもうあれが最後だからね。もうやらないから」M「俺パルクール17回やって今ここにいるんすよ(すごい><)…だから…頑張れよ…!!(あいばくんにエール)」A「おう頑張るよ…!」N「もうソロどんな気持ちで見りゃいいんだよwww」O「でもあんなに(パルクール)やってるんだからバク転もできるよね?」M「いやでも俺が仮に出来たとしたら(ステージ上でS-MNOAに割れる)」S「いやもし仮に松潤ができたとしたら俺はこう(両手を広げ足を閉じ天を仰ぐ)」M「いやそれなんですよ。翔さんがやるって言うなら…」S「やるのか?やらないのか?…やらない。いやJr.のときにV6さんのTake me higherあったじゃない?みんなそれで覚えたんだと思うんだけど」A「え、なんか一回できたんじゃなかったっけ?」S「いやできたっていうかあれは打ちのめされたカエル…」A?「畳かなんかのうえでやったよね?」S「いや、やった。やったけど、できたかできてないかで言うと、できてない。でも、やったかやらなかったかで言ったら、やった。」智くん振付の話 S「今回は大野さんがマスカレードの振付を…あれなんでしょ?先輩方の振付を取り入れてたり」O「ぁ~~…(超微妙な反応)入れてるっちゃ入れて…(超微妙)」S「最後の水吹く振付とかはどういった意味で?」O「いやかっこいいかなって」S「あのシーン確かに会場がにおぉ…ってどよめきが起きたんですけど、みなさんあれはかっこいい…!っていう意味のどよめきなのか、えww吹くの!?wwっていうどよめきなのか(笑)」A「聞いてみる?(笑)」S「拍手でお願いします!水を吹く演出、かっこいい…!って思ったひと!」\わりと大きめの拍手/ S「えww吹くの!?wwって思ったひと!」\さっきの半分くらいはある拍手/ 嵐「「いるのかww」」O(あぅ…みたいな顔) A「え、汚えwwって思った人~!」\ぱらぱらいるww/ 嵐「「いるねwwww」」S「いやでもあいばさんはこの演出で水を口に入れて飲み干すっていうね」A「ちょww言わないでww」O「そう!この人僕の考えた演出を台無しに」A「喉乾いちゃってww」

着替えにのあいとお山。にのちゃんひたすら番宣。すごいわこの人…N「見てない方、これから見るよって方よろしくお願いします」A「まだ見てない方にあらすじを」N「いやこの中にはもう見てくださった方もいるので…」A「あ、じゃあにのみやくんがあらすじを話している間にもう見た方は僕がにのみやくんのモノマネをしているので似てるかどうか見ててください」あいばくんのモノマネ A「………へぇ!まちこがねぇ!…映画『まちこがね』 N「はーはーとーくーらーせーば!!!まちこがねじゃないから!!」にのちゃんが暗殺教室の番宣をすると A「じゃあ暗殺教室のモノマネも頑張らなきゃな…」N「いやあいばさんがモノマネやるために僕映画出てるんじゃないんで」にのちゃんが先に着替えではけようとする A「ちょっとまってよ!にのが先行っちゃったら…俺…どうなるとおもう?」N「えっ…?この期に及んで質問ですか?」A「どうなるとおもう?」N「…こまるとおもう。」翔くんたち戻ってくる S「あ、じゃあどうぞ着替えいってください…w」A「こっ…こまる、この17公演やってきて俺困ったことがあって。みんなうちわ見て大体ピースとかバーンとかするじゃん。俺そういううちわに答えられなかったことが2回あって。ちょっとそれ見たかどうかだけ聞いていい?」NOS「…どうぞ??w」A「1個が、すごい大きめのうちわに『血管見せて』って書いてあるの。俺どうしたらいいかわかんなくてw」N「それはもうこうやるんですよ!(智くんにやらせようとする)」智くん腕まくってめっちゃ渋い顔でぺちぺち叩いて血管出そうとする A「…それそんな短い時間でできるかなあ!?ww で、もう1個が、『相葉勝久』って書いてあるの。もう俺じゃないからww父ちゃんのうちわww」N「それはもう伝えてあげなきゃ」A「あ、父ちゃんに?父ちゃんのファンいたよって?」N「うん、もうそれはあなたのファンではないから」A「あ、じゃあ言っておきまーす」にのあいはける S「さあ僕らの番になりましたが僕らには告知するものがなにもありません!」\www/ S「なので自由な時間を過ごさせてもらいまーす」見学のお話 S「いろんな方に来ていただいて…V6さんだったりHey!Say!JUMPだったり…」ざわつく客席 S「NEWSの増田なんて2,3回来てたよね!?ww初日に『今日行かせていただきます!』ってきてありがとうって言って終わった後に『すごかったです!』みたいに感想もくれて次の日『櫻井くん今日も行かせていただきます!』ってまた!?みたいなwwで、終わった後に『勉強になりました!』って勉強しすぎじゃね!?ってww」 今年は集まることがおおかったね~みたいな話(ここらへん記憶薄い。私なに考えてたんだろう) S「ワクワクはJUMPとやって、24時間TVはV6さんとJUMPで、V6さんは20周年のライブにも行かせていただいて」M「嵐5人がプライベートで集まるっていうのも珍しくない?俺リーダーくるって聞いて緊張しちゃって2回確認したもん。『来るの?』って」O「そしたらこの人なんて言ったと思う?『ウケるwwwww』って。全然緊張してねぇ」M「いや緊張の先に出てきたものが『ウケるwwwww』だったんですよww」O「『ウケるwwwww』」S「まあ(笑)ほかにもいろんな人来たね。斗真とか、風間とか、はせじゅんとか…」N「あと辞めたJr.とかね」 Jr.のお話 M「今回はバックのJr.に加えて東京スペシャルっていう小さい子たちも一緒に踊ってくれているので」S「小さい子たち見てると思い出すよね~」M「俺虫みたいって言われてた」S「それ言ったの多分俺」\wwww/ S「いや俺たぶん松潤に初めて会ったのが青山劇場の地下で。すっごい細くて目がくりぃってしてて」潤、目を見開いてくりぃってする(かわいい) S「いや、虫ならまだいいよ。俺米って言われてたから。もう生命体じゃないから」N「いやでも俺そういう意味で言えば事務所入って一番最初に怒られた先輩翔くんっすよ」S「(苦笑)」N「青山劇場で俺の横で同期のやつが吉野家食ってたんすよ。で、それを放置したままどっかに言って。そしたら翔くんが『お前の同期が吉野家片づけてないんだけど!?!?』って」S「ごめん(笑)散らかってるのが嫌だったの(笑)ニノは悪くない(笑)」

 

■15.日本よいとこ摩訶不思議

もう感動。バックのJr.がイントロでくるくる飛んだり跳ねたりおんぶしたりしながら出てきて、しかもローラースケートて…ここはジャニワか。あ~たのしそう!よかった!って思ってたらJr.マンションに気付きました。わたし、初Jr.マンション。マンションていうか旅館だよねあれ。とか思ってたらなんかセンステ後ろ側の真ん中のドア開いて誰か出てきたの。モニター見たらヒガシさんーーーーーーーーーーーー!!!!!えええええ!!!!!!!これはいつの映像!?!?!?え!?!?今!?!?!?!?リアルタイム!?!?!?!?!?!?ほんもの!?!?!?わたし本物のヒガシさん見てるの!?!?!?!?かっこいいかよ!!!!え!?!?びっくりしすぎてもはや叫びながらけたけた笑ってたわたし。Jr.の反応とか見ておけばよかったな(笑)感動しすぎて嵐すら見てなかったわ(笑)

曲後MC、S「ご紹介します、少年隊の東山紀之さんです!」すごい歓声 東山さん「衣装まで用意して」M「なんでこうなったのかと言うと~…、僕らMステ出た日に~…、東山さんから今日来てくださるという連絡があり~…、その流れで~…、僕らが少年隊さんの日本よいとこ摩訶不思議をカバーしているということになり~…、」東山さん「でないと承知しないぞって」M「違います違いますww」S「いやでもすごいのね。今日リハも参加してくださって」\えーー!!/ S「僕らもちょっと確認してから踊るんだけど、東山さんなんの確認もなしに踊りだすのね。」東山さん「いやいや僕だってYouTube見て確認してきましたよ」\wwww/ S?「自分の姿を見て(笑)」東山さん「そう(笑)2人元気にしてるかなあとか思って(笑)でもねえ、今年一番の思い出になりました!!」嵐「「ちょっ!!(笑)そんな!!!(笑)」」東山さん「自分の映像を見て踊るっていう(笑)」S「いや本日は本当にありがとうございました!改めてご紹介します、少年隊の東山紀之さんでしたー!!」東山さんはける S「いや、びっくりでしょ????びっくりしすぎて状況つかめてない空気がww」N「俺らもリハやったけどそれでもびっくりしたもん。」

*1

 

■16.君への想い

いや、まさか。これも初めて聞いた時の印象と全く同じだった。

◾︎3.君への想い ごめんほんと突然申し訳ないんだけど、これ康二くんデビューしたら歌おう?恐ろしくかねこじなんだけど。一曲通してかねこじしか出てこない

Japonism \感想/ - わが身ひとつはもとの身にして

歌いながら、嵐さんが生まれてから今までの写真がモニターに流れていくのね。で、入所のタイミングとか、嵐結成のタイミングがかなりキーポイントになってて。今と昔じゃJr.の状況は違うだろうけど、でもやっぱりJr.を辞めてほかの道を歩むことにしたひとたちだっていたわけじゃん。にのみやくんが今回そういうことを頻繁に口にしている気がして、そういうのも相まってなんかいろいろ重ねてしまったなあ。うまく言葉にできないんだけど。こうやって夢を形にした嵐と、今他の場所で違うことに取り組む誰かと。こうしてステージに立つ未来を目指して力を尽くすJr.と、違う道を選んで努力している誰かと。”ずっと君は僕の夢を願い続けてくれたから””音もなくこぼれてく未来 掴むこともできなくて””また共に描けるなら互いが互いを照らせるだろう””確かめ合い繋いだ二人の手話さない 強く誓い歩いて話し続けた””坂道の途中を今でも上って この気持ち変わることはない”やっぱり想うことはたくさんあった。この歌を聴いているあいだ、ずっと頭の中をぐるぐるしてた。嵐が嵐でいてくれてよかったなあっていうのと、どんな形であれ大切な人たちには夢を叶えてほしいなって。

 

■17.Rolling days(櫻井ソロ)

ドラムすごい!!成功してたよ~~♡まさかドラムでくると思わなかった…Jr.のみんなもよくやるなあ…アクロバットもこなしてこんなこともやって…素直に感動

■18.Mr.FUNK(相葉ソロ)

気球乗って出てきてモニターの映像見たらディスコスターいるんだもん「おまえww」ってなったよね。あいばくんとJr.の先頭の子がツートップで踊ってて超かっこよかった。そしてここでヒガシさん退場。席の真下が出口だったのでキャー♡って周りみんなでて振ってたらさらっと優しく手を振り返してくださった…!王子様…!さらっと心まで奪っていった…!か、かっこいい…!で、パッとあいばくんに視線戻したらすでにはだけてた。ごめん。かっこいいよあいばくんも。で、そのまま着替えて、何するんこのひとwwとか思いながらMr.FUNKコールしてたらJr.の子と一緒に手に滑り止めとか吹きかけてるもんだから「あ、これはやばいやつだ」と。もうガキはひやひやしてたよ見ながら。成功してよかった…あいばくん生きててよかった( ノД`)

■19.FUNKY

念願のFUNKYダンス♡(昼に確認したやつ)だがしかし興奮のあまり手汗でペンラ飛んでいくんじゃないかと心配だったよ。よかった。

■20.Bolero!

これ絶対たのしいやつ~~!!えっおーー!えっおーー!ペンラぐるぐるするのちょうたのしい!でもやっぱりふっとびそう!こわい!高速ステップ踏むときディスコスター様出てきたわ。あれ?あいばくんデジで時計とまってるかな?

■21.暁(大野ソロ)

これ、密かにいちばん期待してた歌なのかも。って打ってからアルバム感想のブログ見に行ったら同じこと書いててわろた

◾︎9.暁(Vocal:Satoshi Ohno) これ一番期待してたかもしれない。そして期待越えてきました。さすが智。”心にもあらでうき世にながらへば恋しかるべき夜半の月かな”心にもないが、もしこの辛い浮世を長生きしてしまったとしたら、この宮中で見た美しい月のことを恋しく思うことだろうなあ。三条院が追い立てられ辞職する時に詠んだものらしい。智よ、君はどの時代を彷徨っている。ただ、好きです、こういう歌。だって智くんの綺麗な声は十分聞いたし、美しいダンスも十分見たし、ここでこれぶち込んできたのはまじ天才っす先輩

Japonism \感想/ - わが身ひとつはもとの身にして

 いやまた期待超えてきたよね(笑)まず歌いだすまでの演出がもう感動。意味わかんない感動。もう歌詞も素敵だし演出も素敵だしまじ天才っす先輩

■22.Japonesque

きみ!とな!らー!好きすぎるこの歌!(さっきからこんなことばっかり言ってる気が)衣装ががっつり和で超素敵。和傘とか、桜吹雪とか、もう日本!!I love Japan!!むり!!すき!!!華やかな日本!都!!素敵!!

◾︎16.Japonesque サビ前の盛り上がり気持ちいい〜〜…サビの上がり下がりもすごくすき。色鮮やかですごくかっこいい着物の衣装着て歌ってほしい。

Japonism \感想/ - わが身ひとつはもとの身にして

 念願叶っててわろた

■23.心の空

日本メドレーみたいな。すごい夢のように考えていたものがどんどん現実になっていって大興奮。要するに和が好きなわたし

■24.SUNRISE日本

ジャニーさん帰っていった。ひたすら長生きしてください…って祈ってた。懐かしい歌だな~、ちゃんとC&Rできて安心したわ

■25.Oh Yeah!

やーんたのしい( ノД`)と同時にやっぱり切なくなるこの歌。Bメロの歌詞といい”もう一度あの日に戻るとしても同じ道選ぶだろう”って歌詞といい何度聞いても泣ける。そして大宮のハイライトがこちら。光剛山(もちちゃんありがとうすっきりした)上がってからさとしくんがもうあまりに一人の子に超ファンサするのね。うわ超うらやましい、いいなあ…と思ってたんだけどその子が気付いてくれないのかなっかなかやめないの。いい加減諦めなよ…(笑)と思ってさとしくんの視線の先見たらにのちゃんが”あ、わたし?”みたいな顔して自分のこと指さしてるの。さとしくん見たらうんうんってやってるし。なんなん。なんなん。

■26.Believe

近い近い(笑)バクステまで来ると驚異の近さなんですね。(笑)サビ前で翔くんが超力強く歌うもんだからこれは踊る!!!って思ったけどぜんぜん踊らなかった。これいつからファンサ曲になってしまったんだろう。ラストちょいと踊ったけど。総括、近い。

 

■挨拶

(ほぼニュアンス)

S 一曲一曲これが最後で、ソロが終わった時に裏に戻ったらドラムの先生方5,6人がみんな目を真っ赤にしていらっしゃったと。そして原点回帰というテーマについて。「原点回帰ということで、なんだか立ち止まることのように思えるかもしれませんが、僕は決してそれが前に進むのを辞めたということではないと思います。前に進むということは、時に立ち止まったり、振り返ったりすることだと思うから。」

O ソロの演出はJr.時代に2年ほど京都で積んだ経験をもとにしたと。「懐かしいと思うと同時に、やってきてよかったなあと。でも僕が最初ではないんです。あれを最初にやったのは東山さんです。で、東山さんから僕に受け継がれて…それもなんか違うな(笑)、東山さんから、いろんな先輩方に受け継がれて、僕がやるっていう…まあそうやって受け継いでいくことができるのはいいことだなあと。」年末年始の宣伝「飽きるまで…飽きても。チャンネルは、そのままで♡」

A Mr.FUNKの話をすると客席からものすごい歓声が!「今日も上から落ちて降りてきたときに、俺、今日も生きてる!って。17回やってきて、今、俺、猛烈に生きてます!今日この気持ちを家に持って帰って、一緒に寝て、明日の朝、それを希望に変えて頑張ります(片手を上にあげガッツポーズ)2016年も嵐のこと見捨てないでくださいね。」

N 「難しいんですよね。あの人のあとに挨拶するの。入口がどこかわからない。散らかっちゃって。」積み重ねることの大切さ「宿題とか、1日くらいいいじゃない、ってなることもあると思う。何の意味があるのか、って。たぶん、何の意味もないんですよ。でも、それを繰り返しやることに意味がある。意味のないことでも、繰り返しやることで選択肢が増える。で、冒頭にもあったように、『今をどう生きる?』って聞かれたときに、たくさんの選択肢が、小さい子たちに、あればいいなって、おじさんは思います。もう大きくなってしまったひとたち、一緒に頑張りましょう。」

M 最初の一言が「楽しかったです。」から始まり、「ありがとうございました」と。「今日見に来て下さったみなさんが少しでも前向きな気持ちになれたら、僕らはこれをやっている意味があるかなと。」「頭が働いていないっす(笑)」「これからも感謝の気持ちを忘れず、自分たちの道を歩いていきたいと思います。」

なんか5人とも本当に楽しそうで充実してる感じで、こちらこそよかった、ありがとう。って思った。テーマが原点回帰だからみんな今までやってきたことを振り返ったのかなあ…ここまで来られてよかったみたいな、やっぱり嵐にしか出せないものっていうか…嵐が嵐でいてくれてよかったなあと思うし、嵐を好きになってよかったなあとおもう。一言一言が胸に響いたなあ…

 

■27.僕らがつないでいく

嵐を好きになってよかった。本当に。何年も何年も嵐は嵐だって思ってきたし、Jr.を好きになってもその思いは変わらなかったけど、原点に帰るとやっぱり嵐にとっても同じ夢を目指していたけれど離れ離れになってしまったひともいるわけで。それは今のJr.とも同じで。君への想いと同じようなことを思ったかな。”知らない時代でそっと誰かが背中を支えてる””繋ぐ誰かの願い””出逢えた偶然と今の意味をかみしめる””時代が巡り時間が流れて違う明日を追いかけてもいつかきっとこの道に戻るよ””僕らがつないでいく”私は、私にとって大切な人がステージに立っている限り、その人を精いっぱい応援しようと思います。そして最後のモニターの演出に涙。メンバーひとりひとりの名前と生年月日が映し出され、時間が進み、嵐のデビュー日に日付が止まると名前が消え、今度は嵐の文字と日付が映される。そこからまた時間が進み、現在の時間になり、1秒1秒進んでいる。

 

■ec1.ユメニカケル

コンサートで聞くとイメージ変わるなあ、こんなにのびやかですっきりした歌なんだ…

■ec2.Love so sweet

個人的に思い入れが強い歌なので(笑)、思い出に浸っていました。にしてもこの2曲ちかいな!!!さとしくんありがとう!!またひとつ思い入れが増えました!!!(笑)

■ec3.A・RA・SHI

会場の一体感!!(笑)たのしかったなあ…もう終わっちゃうって寂しかったけど。

 

■wec1.感謝カンゲキ雨嵐

…の前に、S「言い忘れたことがある!ちょっとだけ言わせて!12月31日、紅白歌合戦に出場します!で、そのあと、ジャニーズカウントダウン!この会場でやります!で、年が明けて、1月1日、嵐にしやがれスペシャルやって、1日挟んで、1月3日!コレカツ嵐やって、VS嵐スペシャルやって、坊っちゃんと…ぜひ見てください!」M「あともうひとつ。……えー、念願叶って。9年、ぶりに。アリーナまわることになりました」みんな絶叫、今日イチの歓声!!M「9年ぶりに僕らのほうからアリーナを回らせていただきます。詳細は明日の新聞とかに載ると思うので…」N「チケット争奪戦が始まるぜ~!」S「公演後”Wアンコール”と”アリーナツアー”がHOTワードに上がってるんでしょうねww」M「(笑)ぼく学びました!みんな書き込むんでしょ??(笑)学びました!!(笑)」「「さて…」」告知が終わってはける嵐。大ブーイング(笑) 嵐、ガチではける。ステージ上誰もいない、モニターにJaponismのロゴ映る、規制退場のアナウンス始まる(笑) みんなでめっちゃ嵐コールしてるとM「なんだよぉ~~」N?「(規制退場の)お姉さん早すぎるんだよなあ(笑)」M「お姉さんごめんなさいね(笑)」S「(理解)ああお姉さんってそのことか(笑)」M「じゃあやる?」\やるーー!!/M「やる派のひとー」\やるーーー!!!/M「やらない派のひとー」\(静)/M「…(笑)」S「じゃあなにやるー?」N「難しいなww」M「じゃあ最後なので、皆さんにこの歌を届けます。聞いてください。」で、イントロ始まる。曲途中に潤くんステージから飛び降りて何するのかと思えば見学席へ!!V6の坂本くん、三宅くん、長野くん、Hey!Say!JUMPのみんなが!!V6にいさんの”なんだよ(笑)”みたいな顔が忘れられない…かっこよかった…そして無事終了。最高のコンサートをありがとう!

 

□おまけ

見学に来ていたももクロちゃん(杏果ちゃんは不在)にきゃー♡かわいいー♡って手振ったらにっこにこ笑顔で振り返してくれました。かわいい( ノД`)

 

 

やっぱり嵐のコンサートがなによりも壮大で素晴らしい世界だと思い知らされたコンサートでした。しかも、嵐のコンサートの中でも、今回のコンサートが一番すごい。きっと次のコンサートは、このコンサートよりすごいものになっているんだと思う。嵐は常に予想を超えたどでかいものを見せてくれる。なにがあっても嵐は私の中でのなによりも上にある人たちなんだなあって。他のものなに見ても嵐を超えることはできないし、嵐から離れることもできないんだなって。正直最近関西を追うのに一生懸命で、ぶっちゃけね?(笑)降りるなら今しかないと思ってました。コンサート行って綺麗にスパッと、最高のアイドルでした今まで幸せな時間をありがとうって、言うなら今かなと思ってたんですが、まあ無理よね(笑)引き戻される引き戻される(笑)もうわたしは手一杯です!これからもガンガン掛け持ちやっていきますね。嵐ファン辞めてたまるかよ!嵐ファンやってるときが一番幸せなんだよ!チケット争奪戦勝てる気しないけど正々堂々戦ってやるわ。また会おうね!

 

そして、今回バックについてくれたJr.のみんなへ。本当にありがとう。最初から最後まで、みんながいてくれてよかったと思える公演でした。いい景色見られたかなあ。少しでも楽しい気持ちになってくれていたらうれしいです。MADE、They武道Travis Japan、東京スペシャル、そして、松本幸大くん。どうなるのか不安だったけれど、とってもとってもかっこよかったです。またいつか機会があればよろしくね。こんなに楽しめたのはみんなのおかげです。

スタッフの皆さん。全公演終了おめでとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。この場所は紛れもなく世界で一番綺麗な場所だと思います。またひとつ、夢を追いかける気持ちが強くなりました。本当に本当に、素敵な時間をありがとうございました。

*1:なお、東山さんのセリフについている”(笑)”はすべて”貴公子の笑み”と読みます。

関西ジャニーズJr. X’mas Show 2015、わたしのすべて。

夏以来、4ヶ月ぶりの大阪。お久しぶりです!

まずは私にチケットを恵んでくれたお友達(一応名前伏せるけど)に心から感謝します。本当に本当にありがとう…!とてもいい冬の思い出になりました。

2人でのんびりしてたら意外と開場時間過ぎてて慌てて松竹座in(笑)足ツボ踏み踏みしてきました。意外と鋭いね(笑)飛んだり跳ねたりもできるっちゃ出来るけどなかなかじわじわくる(笑)そのあとお手紙出して(私6枚も書いてた)、グッズ買って席へ!ドーム慣れしてた2人、近さに驚く。

 

そして公演スタート。大吾くんニット帽装備。康二くんもふわっふわ帽子装備してるのはいいんだがお顔が見えないよ?もう!すき()

1.アイノビート

ひたすら康二くんかっこええ…な私。大吾くんのコネクションにもきゅんきゅんしてた。振り付けやらない曲だけどみんなサラッと踊ってて惚れる。

2.Missing Piece

個人的に好きな歌なんですよね…DJ風になっててめちゃんこかっこよかった。

3.Loud-X

はうー( ;  ; )ラップかっこよすぎえぐい( ;  ; )え、ちょ、今とりあえず康二くんの姿ばっかり思い浮かぶんだけどどんだけ私康二くんのこと見てたの…?こじだい絡んでたよね階段ですれ違うとき♡

4.D-MOTION

5.Shake It Up

ほんと申し訳ないんだけどここらへん康二くんかっこいいって記憶しかない。ごめんなさい。

6.PARTY MANIACS

噂のパリマニ、何もかもがヤバイ。リチャの声聞こえた瞬間覚醒した。康二くんと龍太くんの声ヤバイ。耳妊娠する(久しぶりにこの表現使った)。そこから流星→和也→丈でしょヤバイ。bounce,bounce,bounceのカノン最高にかっこいい。やばい、語彙力が追いつかない(笑)やばいとかっこいいしか言えない(笑)そして大吾くんfollow me follow me(泣)イカれた夜に(泣)let me see you get low let me see you get low(泣)康二くんcan’t you see?can’t you see?お気に召すままに(泣)龍太ソロからのサビとかももうぜんぶが!ツボ!!これは神曲!神セトリ!!!ダンスも最高にかっこいいし割とこっちも手上げたり回したりで本当に楽しい。最高すぎるこの歌。

7.君の罠だけ幻でも構わない

ここ最高すぎでは????確か衣装がこれまでの歌プラス7WEST赤衣装なんだけどチャラくて最高…いやこの歌が あーたまからはなれっなっい〜…なんだけど…これまいジャニで聞きたいな…声の伸びがめっちゃいいのとダンスがしなやかすぎて泣ける

8.バンバンッ‼︎

もう一度言うがこの流れ最高すぎでは?????夏来たときは全然セトリになかったのでC&R楽しすぎて大興奮。ただ春を思い出して急にセンチメンタルになる。簡単じゃねえ!楽じゃねえ!だけど決めたんだろ自分で!で ふと過去を回想する

 

足ツボ運動会

審判龍太、赤大吾康二淳弥大地丈、青流星古謝リチャ真鳥和也。

龍太「たのしんでますかー!」\いえー!/ 龍太「たのしんでますかー!!」\いえー!!/龍太「わらわは満足じゃ♡」

わらわら出てくる選手たち、後ろでずっとわちゃわちゃしてる丈こじ、龍太にセクハラする青チームに「龍太くんに触るな!!!」とか言いつつ結果的に青チームの位置について怒られる康二。

1回戦足ツボ相撲

大吾「大西とやりたい」龍太「ダメです」大吾「じゃあムエタイできる康二で」

流星「こっちには本物いるんで!大橋くん!あと一回勝てば横綱なんで」四股踏みまくる大橋

康二飛び蹴り。龍太「飛び蹴りやめて」康二「飛ばなければいいの?(低く回し蹴り)」

丈こじおふざけ、ジャージin。康二「でもなこれ難しいねん。このズボンの真ん中の線あるやろ?これを右にやるか左にやるか」龍太レッドカード出して康二一発芸。康二「あ〜今裸足やけどこの靴フィットフィット2フィート、いや近すぎやん、なるほどぅー!」

大橋に飛び蹴りする康二。龍太が大橋起こそうとするも大橋「痛い痛い痛いww」龍太つよい

スタートして即、手を使って歩き始める大橋に龍太くんピーー。真鳥「違う違うこれは前足」で一件落着。試合再開、キックかます康二の足を掴む大橋。康二体制立て直し大橋を掴み回し投げするがさらに回し投げられ大橋の勝ち。どうでもいいけど康二くんの足めっちゃ綺麗。超綺麗。

負けた理由 康二「いつも右側なのに今日左だったから!!」

確かここらへんでいちゃつく大西畑。\龍太くん2人がいちゃついてます/龍太「ん〜いちゃついても…いいか」\いいの!?/康二「えっじゃあ俺も龍太くんと」龍太「やめろ」

2回戦に入るためマットをずらそうとするも反対側から引っ張られて すてーん!べちーん!とステージに打ちのめされる康二。

2回戦足ツボ二人三脚

大吾「茶髪の2人!丈くんと今江くん」

流星「古謝くんとリチャくん」リズムいい

今江もジャージinしなきゃ!ということでinしてる間に紐結ぶ丈。そしてまたケンカ 今江「この人がすね毛めくってきます」

スタート直前に龍太にもっとこっちおいでと呼ばれステージ後方から前方に膝歩きでよちよち歩く大吾くん、今年で何歳ですか?

二人三脚スタート、丈今江くだくだ、古謝リチャ驚異の速さ。古謝リチャの勝利で龍太に「お前ら来い!」と呼び出される丈今江…も、ぐだぐたすぎて進まず、無理矢理紐を振りほどいて1人で龍太のもとへ向かう大地。

3回戦足ツボ縄跳び

龍太「縄ください!」適当に投げ入れられる縄、龍太が縄を引っ張ると袖から不審者(テロリストみたいなマスク被ってる)出てくる。松竹座大騒ぎ。龍太はじめ関ジュ全員「何してんねん!!!!」正体は大輔(宮川大輔に似てる例のスタッフさん)丈「マジのスタッフです」大吾「だいすけ!!!」康二「宮川大輔に似てるからだいすけやで」

青チームから。よーいスタートの直前に龍太が止める、龍太「ストップウォッチ下げるの忘れてた」赤チームスタート、転びまくる流星に心配しまくる丈(時間稼いでる)。

赤チームスタート前に流星の足が痛すぎるらしく龍太「ええよそこで座っとき」龍太のすぐ後ろに体育座りする流星

足ツボの後ろに立つ淳弥を押す大橋にグリーンカードで一発芸。大橋「プリンおしりぷりん♡はっはっはっw」\自分で笑うなw/ その後大吾に散々引きずられる。

スタート直前、足ツボに乗って手ばんばん叩いてる大吾くんが完全にサルのおもちゃ(シンバル叩いてるやつ)。今江があまりに1点を凝視しすぎていて龍太に集中しろと怒られる。

ぐだぐた赤チーム。制限時間終了前に痛すぎてステージ駆け回る大吾。結果青の勝ち。

罰ゲーム赤チームReal DX(痛そうに踊ってるけど普通にかっこいいし青チームセンターで踊る流星のイケメン度がヤバイ)

淳弥「もういやや龍太くん、おれ二週間全部負けた」康二丈「お前がいるからやww」淳弥テディベア座りで駄々こねる。康二「今のかわいかったもう一回」淳弥(もう一回やる) 康二「もう一回」淳弥(もう一回) 康二「もう一回」淳弥「もういやや!(笑)」

 

流星の煽りで曲再開。龍太「かわいくやって」流星「かわいく?」丈「流星!いつもどおり、やればええんやで♡」

9.カレカノ(西畑ソロ)

ピンク衣装、ピンクセット、あれ?私たち女の子のアイドル見に来たんだっけ?大吾かわいすぎて涙。この歌の高さが本当に丁度よくて大吾くんの声めっちゃ生きてた。高音も超綺麗だった。かれかのらぶぴーす♡

10.BREAK OUT(向井ソロ)

好きすぎて頭おかしくなる。本当にこの人は…!康二くんはなんて素敵な踊り方をするんだろう。後でもっとたくさん書くけど。声も伸び伸びとしてて夏からマジナイス選曲っす

11.Hachidori(大西ソロ)

流星もっと歌うべき絶対。もっと声聞きたい。かわいいねりゅちぇたん

12.X’masメドレー

康二くんのシンデレラクリスマスが聞きたくて!!!ずっと!!!嬉しいやっと聞けた。声が超綺麗みんな。龍太×リチャとかずるいわ…あとなんの時だっけ(たぶん雪白の月)、みんながセットに寄り掛かったりしてすっごい切ない表情するところ。お願いだから雑誌か何かに収めてほしい…!愛のかたまりヤバかった興奮

13.ロマンティック

C&R楽しすぎて~!康二くん最初角度的に見えないところいて焦ったけど何とか出てきてくれて思いっきり愛してるかーい?のところまでいてくれたから指さしてた。

 

リチャ繋ぎ。リチャ「盛り上がってますか!\キャー/また自担が出てきてかっこいいなって思ったらキャーって言ってください」

 

14.Dream Catcher

新曲おめでとう!!こんなにかっこいい新曲もらえて嬉しいね。歌詞が素敵だね。関西Jr.ポーズのところの康二くん儚すぎて愛。指綺麗だな〜…水色の衣装すっごく映えてた。

 

MC

関西Jr.ポーズの説明。流星「みなさんピースしてください。それを裏返して、もう一つの手でピースしてくっつけると…Wですよね?」龍太「Wだね?(笑)」

康二「みなさん 花が咲くでしょう のところでこの関西Jr.ポーズするのと、 掴め のところで僕たち下から腕をこう(3段階で上に)やっているので、皆さんもペンライトを3段階で上に振ってください!」いや終わってから言われても!また次のコンサートでやってくれるのかしら。

ギャンスタも出てくる。話題は明日の休演日のこと。

康二「俺このシーズン10回はスノボ行きたいねん、だから龍太くん行こうって」龍太「こいつ二人っきりで行こうって言ってくるねん!」康二「二人っきり(↑↑声裏返りかけてる)で行くときもあるけどみんなで行くときもある!」丈「俺らはケガしてもいいけど康二たちは土日も公演あるやん」康二「龍太くんがケガするかは知らんけど俺は…」龍太「知れや!なんでやねん知っとけや」康二「俺はケガしたらあかんやんプロやから」

他にやりたいことで一緒に手挙げる大西畑「ふじきゅう♡」流星「(続き)ハイランドに行きたいです…」龍太「…いやどうぞご自由にww」真鳥「富士急って絶叫いっぱいあるところやろ?俺無理やわ」龍太「…行く前提!?www」

ナガシマスパーランドに雑誌の撮影に行った話。康二「俺も結構おばけ屋敷ビビる方なんやけどそれでもビビらないくらいのちっさいおばけ屋敷だったのに龍太くんめっちゃビビってた(リアクションモノマネ)」

丈「この前リチャードとお化け屋敷行ったときリチャードを先頭に置いたらお化け役の人が一瞬『うぉっ』って驚いてから『うわぁ~』って」

真鳥「俺とかリチャードとか気づいてまうねんおばけの人いるなって。だからおばけのひともしょうがなく『うわー。』って出てくる」

丈も結構ビビり 丈「こいつら歩くの早すぎんねん!500円で30分楽しめるのを500円で20秒くらいしか楽しんでない」

やっと話し始める淳弥、何故かどんどん下がりながら話す→\もっと前おいでやw/→淳弥「あ、そう?よいしょ♡(前来る)」

康二「ユニバーサルのホラーナイトキャストも客も仮装してるから うぉっ!?ってなる」龍太「リチャとか仮装なしでいけるやんここらへん(頭)に包帯でも巻いておけば」リチャ「まあこの前巻いたけど」\巻いたんかいww/

康二「俺もこの前友達とおばけ屋敷行ってん、でその友達がすごいビビリでなかなか進まんの。で、進まないで詰まると最後どうなると思う?まず暗いのが明るくなる。そんで『進んでくださーい』って言われる」リチャ「俺もある!なんかまず部屋みたいなところで説明されて、うわ出てくるんかないつ来るんかなとかそわそわしてたら『はーい。どうぞー。』って言われた」

龍太「危ないことはできないからステージで出来ることやろうや、プレゼント交換とか」\やりたい!/康二「予算いくら!?3,000円?」大吾「300円!300円にして」

「龍太くんだけ予算50000で!」「ルンバルンバ!」龍太「ルンバはやらん!」

楽しみだけど実際やるのは次の公演になっちゃう…真鳥「ここにいるお客さん全員おるわけやない(笑)」丈「大丈夫Twitterあるから!」

龍太「俺やったことあるわステージでプレゼント交換。はまちゃんとかおるとき」

康二「で、予算は〜??」龍太「またあとで話そ」

公演あと何回?→今日抜いて2回!Aコンはあと8回ある→負けた〜〜(勝ち負けの問題)

寝盗られ宗介宣伝 康二「丈なんか出るん?」丈「なんかって??(うきうき)」康二「あ、無いならいい」丈「あるわ!(笑)今この流れでセンター行こうとしてたわ(笑)」

あさが来た番宣 龍太「そして大吾もNHKで」大吾「はい!連続テレビ小説…朝ドラですね!あさが来たに出演させていただきます」康二「照史くんも出てるよね」大吾「照史くんは榮三郎」康二「大吾は?」大吾「俺はようのすけ♡」

\モンチッチ二人おるやんww/大吾に近づく古謝。大吾「いややあ~」肩を組む古謝。大吾「...いややあ~~!」

龍太「そして康二もNHKで」康二「NHK塩麹のCMやらせて頂きます」\なんでやねんw/康二「NHKCMありひん(笑)」

 

漫才 丈×古謝

丈「どうも~藤原丈一郎で~す」古謝「…こっこっここっこっここっこっこっこっこっここっこっじゃないる」

二回目 古謝「こっこっここっこっここっこっこっ」丈「それほんまやめて」古謝「ラジャ!ラジャ!俺古謝!」観客拍手 丈「…今拍手した人病院行ったほうがいいですよ」

古謝「俺ね、ボケがやりたいんですよ」丈「おお、じゃあ俺ツッコむからやってみ」古謝「みなさん!今日は僕のソロコンサートに来て下さってありがとうございまーす!」丈(見てる) 観客(拍手) 古謝「つっこんでよ~!!」丈「え!?今どこをツッコめばよかったん!?」古謝「僕が一人でソロコンサートできるわけないじゃないですか~~!!」丈「悲しいこと言うなよ~~!!」もう一回ボケなおす 古謝「みなさん今日はありがとうございました。次が最後の曲になります。聞いてください。君が代」丈「君が代かーい!!」古謝「ちがーーーう!!」丈「え!?」古謝「僕が一人で最後の挨拶なんてできるわけないじゃないですか~~!!」丈「悲しいこと言うなよ~~!!」

 

漫才 Youたち

丈「先輩方いろんなテレビ出てますからね。嵐の櫻井翔くんとかNEWS ZERO…」リチャ「てーてーてってれれれれれってーてーてっ、ニュース、リ~チャ~」龍太「なんでやねん!お前が出たら視聴率ZEROなるわ」丈「NEWS ZEROだけに!?龍太くんうまい!」

ニュースごっこ 丈「それでは今日のニュースをざっくりまとめてお届けします。」リチャ「12月17日。今日は、まあまあいい日でした。さて次の」龍太「なんでやねん!もっと詳しく伝えろや!」リチャ「大阪の天気は曇りのち水飴」龍太「なんでやねん!べっとべとやん!」リチャ「日本列島に接近している巨大な台風の影響で」龍太「大変やな…」リチャ「日本と韓国が繋がるでしょう」龍太「どんな台風やねん!!」丈「韓国旅行は繋がってからが」丈リチャ「「チャンス(片手ガッツ)」」

丈「本日、ある女性宅に(ここらへんよく覚えてない…!)強盗10人が押し入りました」龍太「…最近物騒ですからね」リチャ「容疑者はいずれも90代の男性」龍太「みんなおじいちゃん!?」リチャ「トイレだと間違えたそうです」龍太「なんでやねん!!(曖昧に覚えてるせいで龍太くんのツッコみがなんでやねんばっかりになってるのは許してほしい)」龍太「もっとまじめなニュースやってや!」丈「本日、スターバックスがある新事業を開始しました」龍太「お?」丈「銭湯とコラボレーションして電気キャラメルラテ風呂(あ~思い出せん)を開発したようです」龍太「べっとべとやん!」丈「実際に入った方にお話を聞いてみましょう」リチャ「え~っとですね…」龍太「お前かい!お前なにはいっとんねん!」リチャ「え~…べっとべとですね」龍太「だろうな!」リチャ(腕をなめる) 龍太「なめるな!」丈「天気予報やる。それでは天気予報です。自称天気…へてんし…」龍太「てんきへてんし!?…落ち着け!……あかんやん自称てーー!(続行)」\!?!?www/丈「緊急ニュース緊急ニュース」リチャ「え~、今入った緊急ニュースです。え~、えーー…また明日!」龍太「終わりかい!もうええわ!」

ネタ後にいじられる丈。丈「てんきへてんしって何や…」丈古謝漫才の話 丈「今日来る前に珍しく古謝となんばパークスて打ち合わせしたんやけど、あいつ緊張して俺が小声で『どうも~藤原丈一郎で~す』って言ったら『こっこっここっこっここっこっこっ(大声)』って」\やばいww/丈「もう周りのお客さんバァッ!ってこっち見て」リチャ「確かに古謝の声楽屋でも聞こえた」

 

15.先輩メドレー

ええじゃないか楽しかった~(笑) Za ABCは一番下手で古謝くんが金髪のかつらかぶっててそれを康二くんがじーっとみてたかな… Sexy Zoneりゅちぇたんセクシーローズおめでとう!かっこよかったよ!Everybody Goは登場からずっとわたわた丈くん、結局サビ前にころんで終始わたわた。四人はみんな成功しててかっこよかった♡ 松竹座てぬぐいが欲しくなった明日へのYELL、ガチ惚れしたReal Face(要するにあの系統はめっぽう弱い)、好きやねん大阪チャンカパーナも楽しかった!夢物語は言うまでもなく心臓やらえた…めっっっっっっちゃ鮮明に覚えてる(笑)下手に龍太くん上手に康二くん、まっしろなロングコートに龍太くんはピンクのもふもふ康二くんは青のもふもふ、龍太くん頭にサングラス載せてて康二くんはがっつり装着。アーー!嵐はずっと花道だったな…確かに透明感にはかけるスケスケ衣装だったね☆ 康二アレンジしかイメージにない硝子の少年と、すっかり康二くん参加しないもんだと思ってたMUSIC FOR THE PEOPLE。憧れの先輩の曲に参加できてないの大吾くんだ…りゅちぇとこおじくんはできてる。めっちゃかっこよかった…やっぱりダンス映えるな~~。で、いったいあのコーラスをどうやって一人で歌うのかずっと気になってたLYOはちゃんともとから音声ではいってました(笑)で、今思い出した!SHAKEだ!!さいっこうに流星のダンスがかっこよかったやつ!!やっぱロックダンスの力は強いの持ってるなあっておもった。お祭り忍者も完全に康二くんのイメージだから…(笑)おっきなうちわもって流星が歌ってました。TIME ZONE!!腹筋綺麗だったわあ(笑)あれ見たらギャンスタにおちちゃう…仮面舞踏会はね、大吾くん→康二くんの順にスポットでノリノリで五郎丸やって次にスポット当たった龍太くんも首傾げながら渋々やっててかわいかった♡ 二人はラストもやってたけどるーたくん乗り遅れた感 NAI NAI 16も完全にイメージが(以下略) ミッドナイトシャッフル、奈落から赤ライト照らされてスモークと風ぶっふぁああ出る演出、はいそれ私ダメなやつ。はいしかも康二くん。はい息止まる。はいさよなら。はい急げ若者で少年たち懐古。はい迷宮。はいさよなら。

 

16.FOLLOW

これはギャンスタにおちる理由もわかるわ~~!!(笑)そりゃみんながすごいっていうわけだ(笑)こりゃおちるおちる余裕で(笑)わらっちゃうくらいかっこよかった。やっぱりダンスかっこいいな…!

17.青春アミーゴ

お久しぶりです青春アミーゴ…!康二くんさらにお顔見えないことになってるね…!(笑)康二くんどころか大吾くんも見えないね!(笑)まあでもあれはやっぱり至近距離で見たらやばいやつだわ…よく日生耐えたよね私。最後龍太くんの帽子がたぶん誰かのとぶつかったか何かで落ちたんだけどそのままアドリブでやったラストのポーズがかっこよすぎて!ええ!?惚れるわ!

18.まもりたい(室ソロ)

だから惚れるって言ってんじゃん!(笑)ここまでこれだけ踊ってきてここで歌だけって強いよなあ。あと衣装がかっこよかった、細身にスキニーは映えるね!

 

19.ミュージカルメドレー

Be COOLどれほど楽しみにして今日まで生きてきたか。しかも康二ソロて。アウトーーーーー!!すっごい映えるんだよね(何回目)大階段。似合う。ハローブロードウェイからメドレー終わりまでほんとうにみんなのびのびと楽しそうに歌ったり踊ったりしててこういう機会たくさんあればいいのになって思った。

20.LOVE

泣くわこれは...もう大吾くんソロの最初の歌詞からアレなんだよね、そうだよ、すれ違う人ごみの中に明日出逢う君がいるかもしれない。泣くじゃん。切な。はあ。幸せ。大階段にLOVEって光った瞬間にもう愛が愛が()溢れてきちゃうわ…

 

 

ここまでバーーって書いてまあ自分でも気持ち悪いなあとは思うけれど何しろ朝五時に家出て大阪行って帰ってきて今深夜の二時半だから許してほしい。あとメモはニュアンスなのでね…

予想通りだけどもっともっと関西Jr.のこと好きになって帰ってきました。というか、もっと応援したいと思った。もう今の時点で好きとかはもう十分すぎてもう増えないから、なんかもっとたくさん会いに行ってたくさんいろんなことしたいなって。もうひとりひとり感想言える勢いだもん(笑) まとくんは経験と実力でほんとうに魅せ方がうまいなあって。魅せ方に関してはやっぱりこの人がずば抜けてると思う。古謝くん髪型といいいカツラといいこの人ふざけてるのかと思ってたけど(笑)、FOLLOWかな?のときに中心に立って踊ってるの見て流石だなと思った。大地くん独特の世界観すぎて(笑)君は何を見ているの?お客さんのことたくさん見てくれてるだろうなあって、それはなんとなくわかった。リチャは最近ラジオ聞いててずっと一番すっと入ってくるのってリチャードの声だなって思ってて。今日龍太くんと歌ってるのとか喋ってるのとか聞いてやっぱり好きだなあって。あと話し方とか性格が柔らかいんだよね普通に…淳弥くんは茶髪にして一気に垢抜けたなあ、FOLLOWで耳にかけてた髪が乱れてバサァッてなってたんだけどあり得ないくらいかっこよかったし、ダンスのしなやかさも相変わらず綺麗だなって。和也くんはニコニコ笑顔とハスキーのギャップが好きすぎて(笑)ふざけて四股踏んでる時でさえ体の柔らかさがよくわかったしダンス見てても体が綺麗だなあって思う。丈くんは今回割と中心核だったなって感じた。ソロダンスとか超かっこよかったしトークでも必要な存在だし大切にされてるんだなって。

龍太くんはいてくれないと松竹座が崩壊する存在(笑)まとまりの面でもそうだし、パフォーマンスを見てても。ミュージカルメドレーで大階段のてっぺんに立ったとき、そこにいてほしいなって思ってた。やっぱり今はいろんな面で関西Jr.引っ張っていてほしいなって思う。

流星の成長…!ダンスもギャンスタと並んでても全く劣らないし、歌も歌えるんだからもっと歌わせてほしい。14歳なんてずば抜けて年下なのに普通に溶け込んでたし、のびしろもあるからこういう中にぶち込むのも全然アリなんだなって思った。たくさん吸収してもっと伸びてほしいなあ…

大吾くんはいよいよいろんな魅力が出てきたなあって…この一回の公演だけでもたくさんの大吾くんが見られたなあって振り返って改めて思う。仕事もいろいろ決まってて忙しいし割と体調崩しがちな体質なのが心配だけど無理はせず出せる力は全部出し切ってこれからもいろんな大吾くんを見せてほしいなあ。

そして康二くん。たぶんもう私には担当というフィルターがかかっちゃってて、もういくら見ても魅力にしか感じないんだと思う。踊ってる時のしなやかな体の使い方とかあの遠くまで響いているような歌声とか何気ない仕草や反応すべてがストレートにツボにハマってしまう。何もかもが違うんだよなあ…切ない表情をしていれば胸がくるしくなるし楽しそうにしていれば私も楽しいし。今日「もう恋じゃん(笑)」と言われちゃったけど実際そうなのかもね!(笑)リア恋とかじゃなくて、アイドルの、ジャニーズの向井康二くんという存在に恋してるのかもしれない!(笑)これからもずっとずっと応援していたい存在です。

 

また会いに行きたいなあ!本当に楽しい思い出をありがとう。また次会う時には世界が動いているかもしれない。できる限りみんなのこと応援し続けていたいから、まだ夢を見させていてほしいなあ。それじゃあまた会う日まで。

クリパ開幕と、ちょっとした報告。

寒くなってきましたね。松竹座にも、少し早めのクリスマスがやってきます。

いつにも増して、いろんなことがあった一年。この場所、松竹座も春にはお別れの場所となり、夏には新たなスタートの場所となりました。そして冬。嬉しかったことも楽しかったことも、悲しかったことも辛かったことも、ぜんぶぜんぶ包み込んで幸せになろう、そんな季節がやってきます。

どんなものを見せてくれるんだろう、本当に楽しみです。一か月間よろしくね。頑張ってついていきます。振り落とすくらいの勢いで走り抜けてください。風邪や病気の流行る季節です、体調にはお気をつけて。

”全力を尽くせ、無茶はするな。怪我無く、無事故で!”私が公演のたびにする願い事です。悔いのない一か月、一年の締め括りを!

 

そしてひとつご報告。

2015年11月29日、今日から向井康二くん担当としてやっていくことにしました。

「何を今更」「え、今までの何だったの」…聞こえる聞こえる。ですよね。そりゃ私康二担にしか見えませんよね。でも違うんですよ。担降りとかそういうのでもないんです。私ジャニヲタのくせに担当制度が苦手なんです。理由の一つが、大野智の「ファンのひとに順位をつけられるのは辛いです。たとえ自分が一番だったとしても」という言葉。それともう一つが、単純に誰か一人と決めるのが苦手。そんなことから、もう何年も担当を作らずにジャニヲタやってきたわけなんですが、この機会にもう康二担になってしまおう、と思ったんです。もちろん関西Jr.みんな本当に格差無く大好きだし、康二くんにももちろん格差をつけようなんて思ってないです。でも気付いたら目で追っているのは康二くんだし、何か起こると一番最初に頭に浮かぶのは康二くんだし、というか何も起こっていなくても自然と私の脳内を支配しているのが康二くんなんです。だから、何というか、試しに、ではないけれど、このクリパ期間は康二担でいようと思います。別にとくべつ何か変わることがあるわけじゃないし、やっぱり私関西Jr.が好き!ひとりに絞れない!ってなったらスッと諦めてるかもしれないし、康二担宣言したことを忘れてる可能性だってあります。この状況がしっくりきたら、年明けてもしれっと康二担やってるだろうし。本当に、何も変わることなんてないと思いますよ。肩書が変わるくらい。けれど、いつか区切りをつけようと思っていたので。今日がぴったりかなと思いまして、こんな報告をさせていただきました。

これからも、嵐と、ジャニーズWESTと、関西ジャニーズJr.の、重すぎる掛け持ちをしたくろワッサン、そしてゆきゃをよろしくお願いいたします。

 

さあ~~楽しむぞ♡